鳥取のイメージといえば何を思い浮かべますでしょうか?やはり一番最初に思いつくのは鳥取砂丘。
しかし、鳥取には砂丘以外にもいろいろな特産品や見どころがたくさんあります。
特産品の中でも梨は全国の中でも5位に入る生産量があり特に二十世紀梨が有名です。

鳥取といえば砂丘のイメージが強いが他にも色々な見どころがあります。
一番の観光スポットといえば、鳥取砂丘ですが水木しげるロード、金持神社、恋山形駅なども有名なスポットです。

ゲゲゲの鬼太郎の作者でもしられる水木しげる先生の出身地である境港では
水木しげる記念館や水木しげるロードを見ることができます。
水木しげるロードは境港駅前から本町にあるアーケードまでの約800mの間には
様々な妖怪たちを見ることができます。
妖怪たちは、夜になるとライトアップされ別の姿を楽しむことができます。

一部の人には有名な観光スポットになっているのが金持神社や恋山形駅です。
金持神社はその名の通り金運が上がりそうな名前の神社で、実際に宝くじが当たった人のお礼の絵馬などが飾ってあります。

恋山形駅は、全体がピンク色の駅で、ところどころにハートが描かれている駅です。
利用するには恥ずかしい場所ですが、恋愛運が上がったり、恋人同士の観光スポットにもなっており人気です。

鳥取の特産品

鳥取の特産品には、松葉ガニや二十世紀梨、らっきょうなどがあります。
食材以外の特産品には、地酒や和紙などが有名です。
地酒は、鳥取の名水をつかって盛んに造酒が行われており特に酒米の強力という米で作られています。

梨 鳥取 果物

二十世紀梨が人気の理由

鳥取は、梨の生産量が全国でも上位にあたります。
その中でも二十世紀梨は、全体の80%を占めていて、生産量は国内の約半分を占めており全国一位です。
二十世紀梨は、果汁の多さと酸味と甘さがあるのが特徴です。

二十世紀梨は青梨に属しており、酸味があるのでサッパリしていて食べやすいのが人気の理由です。
スイーツやジュースなどに加工されることも多いのが二十世紀梨の特徴です。

スポンサードリンク

まとめ

鳥取には砂丘以外にも、水木しげるロードや金持神社、恋山形駅などの観光スポットがある。
特産品には、松葉ガニやらっきょう、二十世紀梨などがある。
特に二十世紀梨の生産量は全国一位です。
二十世紀梨は、甘みと酸味のバランスがよくそのまま食べてもスイーツやドリンクに加工してもおいしい。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事