甘酸っぱくて、見た目にも可愛いみかんは、寒い時期の定番フルーツとして常備しているご家庭も多いと思います。

そのみかんに実はダイエットに効果的な成分がたくさん含まれていることをご存知でしょうか。

今回はそんなみかんの成分や、ダイエットに効果的な食べ方などについてです。

みかんのダイエットに効果のある成分

みかんには、捨てるところがないほど体に良い成分がたくさん含まれているといいます。

では、その成分について見ていきます。

クエン酸は酸っぱい果物、レモン、グレープフルーツ、キーウィなどにも含まれており、中でもみかんはたくさんクエン酸を含んでいる果物です。

クエン酸には体内の糖質を分解・燃焼させる効果があります。

ペクチン、ペクチンは、水溶性食物繊維の一種で、消化酵素の働きを助け、脂肪の吸収を妨げる効果があります。

内袋に含まれています。

シネフリン 脂肪分解作用のあるリパーゼという酵素の分泌を高める作用や、脂肪を燃焼 させる効果があります。

みかんにはダイエット効果以外にも次のような健康に欠かせない栄養成分があります。

ビタミンC 、100g中35mg含まれており、成人の一日の摂取量をみかん中サイズ3個で摂ることが出来ます。

ビタミンCには、抗酸化作用で美肌効果や免疫力を高める効果 があります。

みかんを食べていたら、風邪をひかないと昔から言いますね。

ビタミンA 、カロチンで、肌の潤いを保ちます。

ビタミンP 、毛細血管を破れにくくする効果。

カリウム 、体内の余分な塩分や水分を体外に排出する効果や、血液を弱アルカリ性に維持 する効果。

みかん ダイエット 方法 効果 食前 夜

ダイエットに効果的な食べ方

みかんにはダイエットや健康に効果のある栄養が含まれていることが分かりました。

では、ダイエットを意識するなら、どのような食べ方が良いのでしょうか。

食前に食べることで、食事に含まれる脂肪分や糖質の分解・燃焼の効果を促すことができ、またペクチンの水溶性食物繊維は水分を含んで膨れる為、食事の満足感が得られるという事です。

一日に3個 が適量。

朝食、昼食、夕食の直前に1個ずつ、一日に3個が適量です。

白い筋も食べれます。

内袋の外側についている白い筋は、不溶性の食物繊維は、満足感と腸内環境を整える効果があります。

置き換えはしない 食事をみかんだけに置き換える置き換えダイエットはやめましょう。

栄養の豊富なみかんとはいえ、その他大切な栄養素が摂れなくては、筋肉が 落ちてしまって代謝が落ちるなど、かえって悪い結果をもたらしてしまいます。

スポンサードリンク

まとめ

ダイエットや美肌といった女性に嬉しい効果がたくさん詰まったフルーツ、みかんを上手に食べて、綺麗を手にしましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事