オレンジ、はっさく、甘夏、デコポン、など、みかんと一口に言っても、様々な種類がありますね。

最近では、タンジェリンや、マンダリンオレンジなど、めずらしい品種も目にします。

では、世界一のみかん生産国はどこでしょうか?

世界のみかん生産量

世界のみかん生産量と国別比較統計ランキングより、みかん類(温州ミカン、タンジェリン、マンダリン、クレメンタイン含む)のH25データより

1位     中国        1517万トン

2位     スペイン    219万トン

3位     トルコ      94万トン

4位     ブラジル    93万トン

5位     エジプト    91万トン

6位     日本        89万トン

7位     イラン      83万トン

8位     韓国        68万トン

9位     モロッコ    66万トン

10位    イタリア    65万トン

となっており、中国がダントツの1位ですね。桁が違います。

やはり、国土面積が広いからなのでしょうか。日本は小さい国ながらも、世界6位と健闘していますね!

オレンジと言えば、カリフォルニアのイメージがあった私は、アメリカが10位以内に入っていなかったのが意外でした。(アメリカは11位)

では、日本国内に目を向けてみましょう。

ここでは、冬の味覚「温州みかん」について調べてみたいと思います。

みかん 生産量 世界 日本一 県別 推移

日本のみかん収穫量の推移と県別収穫量

<日本のみかん収穫量推移>

平成25年       895(千トン)

平成26年       874(千トン)

平成27年       778(千トン)

<県別収穫量>

1位     和歌山県 16万トン

2位     愛媛県  12万トン

3位     静岡県  10万トン

スポンサードリンク

まとめ

日本では、和歌山がみかんの生産量日本一だったのですね。

紀州みかんは、他の温州みかんとは、種類が違うそうです。紀州みかんは、「小みかん」とも言われ、小さいのが特徴で、他の温州みかんよりも歴史も長いそうです。

これからみかんが益々美味しくなる季節、色々な種類のみかんをたのしみたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事