千葉県は、梨の生産量が日本一の県です。
その千葉県で行われているのが、千葉なし味自慢コンテストという千葉県で一番おいしい梨を決める大会です。
何故、八千代の梨が美味しいのか、その人気の秘密を調べてみました。

千葉県は梨の生産量は日本一

梨にはいろいろ種類がありますが、その中でも和梨は日本の気候に適していて
沖縄県以外の地域で栽培がおこなわれています。

その中でも、生産量が日本一なのが千葉県で和梨の全体の12%が千葉県で生産されています。
千葉県の温暖で水はけの良い土地が梨の栽培に適しているのが理由です。
県内でも、白井市、市ヶ谷市、船橋市などが生産量が多い地域です。

千葉なし味自慢コンテスト

生産量が一番多い千葉県中でも一番おいしい梨を決めようというのが千葉なし味自慢コンテストです。
生産量だけではなく品質を高めるために競い合うというのがコンテストの趣旨になっていて
県内から100点を超える梨が品評会にかけられます。
専門家が選んだ、その上位3点を、さらに50人の消費者が食べ比べて
農林水産大臣賞、千葉県知事賞、農林水産省生産局賞を決定します。

コンテストでは、出品された梨の一般公開と出品された梨の即売会も行われます。

梨 八千代 千葉

八千代の梨が人気の理由

千葉なし味自慢コンテスト以外に八千代市でもコンテストが行われています。
こちらは、千葉県内ではなく、八千代市の市内の梨農家が生産した梨を専門家によって厳正に審査をします。
N-1グランプリなどと最近は呼ばれており、大々的にキャンペーンを行っておりマスコミもたくさん取材に来ます。

梨の糖度は11度以上ですが、八千代のN-1グランプリで選ばれた梨の糖度は14度以上と
かなりの甘さがあります。

梨はスーパーなどで販売されていますが、美味しい梨はスーパーよりも直売所で販売されているほうが
おいしい梨が多いそうです。

スポンサードリンク

まとめ

千葉県は梨の生産量が日本一。
量だけではなく、品質や味などにもこだわる徹底ぶり。
おいしい梨をたべたい場合は、スーパーよりも直売所で販売されているものを選ぼう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事