酢豚にパイナップルが入っている理由としてパイナップルの働きによってお肉が柔らかくなるからと聞きますが、パイナップルの何がお肉を柔らかくして、本当にその効果があるのでしょうか。

さらに缶詰の場合はその酵素がどれくらい含まれているのでしょうか。

パイナップルに含まれるタンパク質分解酵素

酢豚にパイナップルを入れるとお肉が柔らかくなる・・・その理由はパイナップルの酵素の力がはたらくからという言葉を聞きますが、パイナップルに含まれる酵素は60度程度の加熱でなくなってしまうと言われています。

確かにタンパク質分解酵素は持っているので、その効果を発揮するのは料理前にお肉とパイナップルを漬け込むか、最後の最後で入れるという方法をとればその効果を狙えると考えられます

では何故パイナップルを入れるという話がでるのか。それはお肉を柔らかくする以外に消化を助けるといった働きもあるためです。

パイナップルの缶詰は?

加熱すると分解酵素がなくなる、そういった観点からでも缶詰のパイナップルは加熱処理を施しているものも多くあるので、缶詰のパイナップルは分解酵素が入っていないと思った方がいいでしょう。

純粋にパイナップルの甘味を楽しむのならいいのですが、お肉を柔らかくしたりは出来ません。

パイナップルの缶詰は値段も安くお手軽に手に入りやすいです。

生のパイナップルは値段も缶詰よりは高いうえ、一つ丸まる買うと、食べれない部分が多いため割高な感じがします。

パイナップル 缶詰 値段 酵素 グラム 加熱

パイナップルの食べ過ぎ注意と缶詰のカロリー

先述したように純粋にパイナップルの味だけを楽しみたい人は缶詰でもいいのですが、パイナップルは加熱処理してあったとしても、南国の食べ物です。

身体を冷やす効果を持っています。

なので、よく缶詰をよく冷やして食べている人は多いと思いますが、できれば常温で食べることをお勧めします。

冷やして食べると余計身体を冷やし、血流が悪くなることがあります。

特に冷え性の人は気を付けた方がいいでしょう。さらに缶詰のパイナップルは生のパイナップルに比べて少しカロリーも高め。

大体缶詰に入っているパイナップルは一枚当たり40グラムあり、34カロリーあります。

スポンサードリンク

まとめ

パイナップルは生で食べれば酵素もありとても健康な食材ですが、デメリットとして値段が割高なこと。安価な缶詰だと酵素が破壊されている可能性があるということで、その時々や体調などをみて食べていくのがいいかもしれません。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事