夏が終わって秋になると気温が下がって風も出てきて過ごしやすい季節になり
食欲の秋や読書の秋などいろいろな秋がやってきます。
旬になる食材はいったいどんな食材があるのでしょうか。

秋にはいろいろな秋があります。

食欲の秋やスポーツの秋、読書の秋、行楽の秋、芸術の秋などいろいろな呼び方で呼ばれていますが
なぜこのような呼び方が秋にだけあるのでしょうか?
それは、秋がとても過ごしやすい季節だからという理由が大きいです。
食欲の秋は、一番の理由はお米です。稲を収穫するのが秋で
お米は日本人にとってはとても大事な食べ物だからです。
スポーツの秋は暑い時期が終わって運動がしやすいからだそうです。
読書の秋は日が短くなって仕事を早く切り上げて家にいる時間が長くなって読書する時間が増えるから。
行楽の秋は、紅葉などで山などに出かける機会が増えるから。
芸術の秋は色とりどりの風景が増えるので創作の意欲がわくからだそうです。

秋に旬な食べ物の代表といえば秋刀魚です。

最近では、日本以外も秋刀魚を捕るようになったので値段も高くなってきましたが
それでも安価で購入できる庶民の味です。
果物では、栗や梨、ブドウや柿、リンゴなどが旬の時期をむかえます。
野菜ではカボチャやさつまいもなど甘い野菜が旬になります。

梨 夏 秋 旬 果物

梨は夏にも食べることができます。梨は、秋と夏どちらが旬の果物なのでしょうか?

梨には、夏にも秋にもおいしく食べられる種類があるので、どちらも旬といえます。
夏頃に食べる事ができる梨には、幸水という種類が有名です。
果汁が多く甘いのが特徴で、皮は黄緑に近い褐色です。
8月の下旬から9月頃からは二十世紀梨や豊水という梨が出てきます。
この種類は、果肉や柔らかく、甘みも強くなっています。
10月頃に出てくる梨には、新高とよばれる種類の梨があります。
その特徴はその大きさで、1個あたりの重さが500g~1kgになります。

スポンサードリンク

まとめ

秋は過ごしやすい時期になって、いろいろな顔をみせるためいろいろな名前がついたらしいです。
旬の食べ物は、秋刀魚をはじめ果物や野菜など豊富。
梨は夏から秋にかけて旬の種類が違うものがある。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事