寒い季節になると広く出回るみかんは、風邪予防に良いとされるビタミンCがたっぷり含まれています。

ビタミンCといえば、お肌に良いといわれていますよね。

つまりみかんを食べるとキレイになれるというわけです。

肌荒れはもちろんのこと、ニキビまで。それに食前に食べるとダイエット効果まであるのだとか!

そこで今回はその辺りを探ってみましたのでご紹介します。

肌荒れやニキビの原因は様々

思春期のニキビは過剰に分泌される皮脂が詰まってしまうことによって起こるものですが、大人ニキビと呼ばれるものは、ストレスや寝不足、食生活の乱れに肌の新陳代謝がうまくいかないことが原因だったりします。

また便秘なども肌荒れの原因となり、腸内環境を整えることで肌荒れが改善されることがわかっています。

みかんの白いスジは取らないで食べよう

あなたはみかんの内皮を剥いて食べますか?また、内皮についている白いスジを取りますか?

実はみかんの内皮や白いスジには、ヘスペリジンというビタミンPが含まれています。

そしてこのヘスペリジンには、肌の新陳代謝を活性化し、角質層を整えてくれる働きがあるといわれております。

皮脂の詰りも解消してくれるそうですから、肌荒れニキビ予防にはぜひ内皮を剥かず、白いスジが付いたままで食べることをおすすめします。

また、内皮にはペクチンと呼ばれる食物繊維も含まれていますから、便秘改善してお腹の中からキレイにしてくれるといわれております。

やっぱり大切なビタミン

ビタミンCには抗酸化作用があり、コラーゲンの生成を促してくれますから、まさに美肌のための栄養素だといえます。

また、ビタミンB2は皮脂の分泌をコントロールしてくれ、ビタミンAは肌や粘膜に潤いを与えてくれるのです。

その他、みかんの酸味であるクエン酸には疲労回復効果があるので、疲れた身体を労わってあげることができますね。

まさに女性の味方です!

みかん 効果 ニキビ 肌 食前

食前に食べるとダイエット効果まで

しかもこのみかん、水分が多めですから食前に食べると満腹感が得られ、食べすぎを防ぐことができるのです。

また、クエン酸には糖質を燃焼させる働きがありますし、内皮に含まれるペクチンにはコレステロールの吸収を抑制する働きもあるのです。

しかも食前に1個食べるだけでいいのですから、とってもお手軽ですね!

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。1日のビタミンCが2個のみかんで摂れてしまうので、たくさん食べる必要は全くないのです。食べすぎると下痢を招くこともありますから、他の食材も選んでバランスの良い食生活を送って下さいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事