梨の相場は、品種や生産量、時期などで変動してきます。
スーパーなどで購入できる梨は、安定して流通がされている幸水や豊水などが主流です。
幸水の平均的な価格と安い時期、スーパー以外で購入したときの価格の違いを調べてみました。

幸水の平均価格

梨の価格は品種と時期、重さによって変わってきます。

スーパーでよく見られる品種の幸水や豊水などが多く値段も手頃な値段になります。

幸水や豊水がスーパーに並ぶ時期が大体が8月の下旬から10月にかけての2ヶ月です。

その時期以外の梨は別の品種であったり、すこし収穫の時期をずらしている梨かもしれません。
その分数が出回らないので、値段が高くなったりしています。

幸水のスーパーでの価格は150円~200円ぐらいで、1kgあたりは600~800円という感じです。
1玉当たりの重さが300gぐらいなので3個か4個入りで販売されている事が多いです。

品種による価格の違い

価格は品種の希少さによっても変動してきます。

一般的な梨の品種である幸水、豊水、二十世紀梨、新高、あきづきあたりであれば
スーパーにも並ぶ品種で値段も1kgあたり600円~800円になりますが
希少な種類で、地域限定でしか生産されていない種や直売所でしか購入できないといった
品種の梨であれば1kgあたり1000円を超える品種もあります。

愛宕や新高などは貴重な品種で、1玉当たりの大きさも大きいので2玉で2000円などになり
贈答用で購入する人もいる高級梨です。

梨 果物 価格 市場 直売所

スーパーで購入するより直売所や市場で購入するほうが安い?

スーパーで売られている梨は、形が整っていたり、重さが均等なきれいな梨です。

だからといって、市場や直売所で売っている梨が悪い梨というわけではありませんが

スーパーよりは安く買える梨もあります。

訳あり商品という感じですが、スーパーに出せなかった梨や重さが半端になってしまった梨を
品種を関係なく袋につめて売っているというのを見たことがあります。

グラム数までは書いていませんでしたがコンビニ袋ぐらいの袋に入って800円とお買い得でした。

すべての直売所や市場がそういう訳あり商品を販売しているわけではないですが
スーパーと比べると安い場合があったり、スーパーには並べない品種の梨などもあるかもしれません。

スポンサードリンク

まとめ

スーパーで販売されている梨の平均価格は150~200円ぐらいだけど、時期によっては変動する。
貴重な品種や時期外れの場合などは希少価値がつき値段が高くなる。
直売所や市場では、稀に安い梨が販売されていることもある。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事