茨城県(いばらきけん)のイメージはどんなイメージでしょうか?
実は梨などの野菜や果物の生産量も高い県なんです。
梨の生産量も全国でトップクラスで梨狩りができるスポットもあります。

茨城県は納豆のイメージ

茨城県といえばいったい何を思いうかべますか?

茨城のイメージは納豆や水戸黄門、実はイバラギじゃなくてイバラキという名称であったり
サッカーを知ってる人だとアントラーズというチームがあるというイメージがあるのではないでしょうか。

茨城県は、東京にも隣接しているので、東京の近くの地域は、ベッドタウンにもなっている地域です。

県内にある観光スポットには、大洗にあるアクアワールド・大洗があります。
全国でも大きい水族館で、一番の見どころはサメです。

他にも、奥日立のきららの里という場所には、わくわくスライダーという全長1188メートルと
日本一長い滑り台があります。

農作物も色々と栽培がされており、納豆だけではなく、栗やメロン、レンコン、ピーマンなどの生産量が日本一です。

北海道に次ぐ日本ではトップクラスの農業県で、日本一の生産量がある野菜以外にも

や、ネギ、ニンジン、レタス、トマトなどいろいろな農作物が栽培されています。

梨 果物 旬 時期 茨城

梨は種類によって旬の時期が違う

茨城県の梨は生産量は全国でもトップクラスで千葉県につづいて2位の生産量があります。

梨は秋が旬の果物ですが、種類によっては全然旬の時期が違う果物です。

二十世紀梨などは旬の時期が早いので、8月ごろの夏の暑い時期が旬ですが
9月や10月が旬のあきづきや豊水、新高にっこりなどの種類もあります。

茨城県の梨の種類

茨城県では、いろいろな種類の梨が栽培されています。

栽培されている梨の種類は、幸水、豊水、あきづき、新高、にっこりなどがあります。

県のオリジナルの品種では恵水という種類の梨もあります。

秋の時期には梨狩りをすることができる農園もあります。

かすみがうらにあるかやば観光農園や、からたち園、古宇田農園などの農園で
梨狩りを楽しむことができます。

時期によって収穫している梨が異なるので、農園によっては梨狩りが終わってしまっているところもあるので
事前にチェックをしてから行くとよいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

茨城県のイメージは納豆や水戸黄門のイメージがあったけど、実は農業が全国でも盛んな地域だった。
秋になると梨狩りを楽しむことができる梨園もたくさんある。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事