梨の常温保存、冷凍庫保存、冷凍保存をご紹介します。梨をおいしく食べるには買ってきたその日に食べるのがいちばんですが、大量に梨をいただいた時のようにその日のうちに食べきるのが難しいこともあります。梨をいつまでもおいしく食べるために、梨の保存方法をまとめたのでご覧ください。

梨の保存

梨に限らず、果物類はあまり日持ちがしませんが、梨は桃やバナナのように保存中に追熟しません。うまく保存すれば買ってきたに近い状態を保つことができます。

梨の常温での保存方法

梨を常温で保存する場合、保存期間は3~4日です。なるべく玄関のように日光が当たらず室温が上がらないところに保存しましょう。保存したままの除隊で食べてももちろんおいしいですが、冷やすと甘味がまし、よりおいしく感じるようになります。食べる数時間前に冷蔵庫に入れるとよいでしょう。

梨 果物 保存 冷蔵庫 冷凍庫 常温

冷蔵での保存方法

梨を冷凍保存する場合、保存期間は1週間~10日位です。

梨は水分が多い果物です。冷蔵庫で保存する場合は、梨から水分が飛んで乾燥しないように工夫する必要があります。冷蔵庫内は乾燥していることに留意しましょう。新聞紙で包むか厚手のビニル袋に入れて密封しておいた状態で冷蔵庫に入れると乾燥を防げます。また、ヘタを下に向けると長持ちします。もちろん野菜庫に入れましょう。

冷凍庫の保存方法

冷蔵庫に入れても、まだ食べきれない・・・

その場合は梨を切ってビニール袋かタッパーに入れて冷凍庫に入れてしまいましょう。1か月程の保存がききます。

梨を凍らせると解凍した時に元のシャキシャキ感はなくなり軟らかい食感になりますが、半解凍にして食べるとシャーベットのような触感が楽しめます。スムージーやソルベようにさまざまなアレンジを楽しむこともできます。

スポンサードリンク

まとめ

梨の保存方法をご紹介しました。瑞々しくシャキシャキしている状態をできる限り長く保てるように、適切な状態で保存しましょう。どうしても食べきれないときには冷凍という手段もあります。食べきれなかったときには。ぜひ試してみてください。

 

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事