梨はとても甘くてジューシーな果物です。夏バテや美容にも効果がある美容食なのですが、糖度が高くとても甘いが故に、糖質が高いのか気になりますね。カロリーはどうなのでしょうか。梨のカロリーと糖質を調べました。

糖質って何?

最近よく聞く糖質ダイエット。糖質カット、糖質オフといった商品も多く出ています。

果物は甘いから糖質多め?それは違います。まず、糖質が何をさすかおさらいしましょう。

普段の食事において、「甘いもの」と「でんぷん」が主な糖質源となっています。

次に、炭水化物から食物繊維を差し引いたものが「糖質」です。「炭水化物をとる」ことはその中に含む「糖質をとる」ことになります。

糖質はタンパク質や脂質と並ぶ3大栄養素の一つです。からだのエネルギー源や体をつくる材料になっているのを忘れてはいけません。

梨 糖質 カロリー

梨の糖質はどれくらい?

梨の糖質は100gあたり10gです。りんごが同じく10g、キウイ9g、バナナが12gです。100gあたりの量としては一般的な果物と比べては多くもなく少なくもないという量です。

白米が100g(小さいお茶碗1杯分)あたり36.8gなので、グラム当たりでいえば、米の方が多いということになります。

ただし、梨(300~400g)1個を1人でたべれば、米と同じくらいの糖質になることについは留意する必要になります。

梨のカロリーはどれくらい?

梨のカロリーは100gあた57.1キロカロリーとです。梨の1個あたりを300gとすると171.3キロカロリーとなります。バナナ 86キロカロリー 米356.1キロカロリーであることを比較すると、梨のカロリーはかなり低めであるといえます。

スポンサードリンク

まとめ

梨1個を300gと考えた時に、1個の糖質は30g、カロリーは171.3キロカロリー、梨1切れ(1/6切れ)あたりの糖質は5g、カロリーは28.6キロカロリーとなります。

梨のカロリーは食品の中では低めであることがわかりました。糖質は梨1個を食べると米(小さ目の茶碗1杯分)と同じくらいになるようです。1切れだけを食べるのであれば、カロリーはもちろん、糖質も気になる量ではないようです。

 

 

 

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事