夏と言えば梨、梨といえば幸水。ハウス物であれば7月初旬から、露地物であれば8月初旬から収穫が始まります。産地ごとに収穫時期が移りながら8月下旬から9月上旬まで収穫時期が続きます。夏の暑い時期に収穫時期を迎えるため、夏の梨と言えば幸水と言えます。また幸水は生産量が多い梨ですので、値段も求めやすい価格となっています。

幸水の生産地

幸水の栽培面積が広いのは、千葉県。そのあとに茨城県福島県と続きます。栽培面積の広さの順位と生産量の多さの順位はほぼ同じです。

梨の生産に欠かせないのが、温暖な気候、水はけのよい土地。この条件を満たしているのが、千葉県です。また千葉県は大消費地東京が隣にあり、生産地と消費地が近接しているという地の利があります。

茨城県、福島県の生産量が多いのも同様の理由といえます。

幸水は暑い時期に獲れる生産量が多い品種

幸水は梨の中でも生産量が多い梨です。梨には二十世紀、豊水、新高などなど、多くの品種があります。その中でも最も多く市場に出回る品種が幸水。全生産量のうち40%を幸水が占めます。

梨に含まれる成分には、暑さで火照った体を冷やし、疲労回復に効果があります。

冷えてジューシーでシャリシャリした感触は夏の暑さを癒します。夏の梨が食べたくなる時期に、生産量が多い千葉県などの産地が幸水の収穫時期を迎えます。

梨を食べたいと感じる時に、主力生産地が主力品種を出荷する。こういった理由によって、幸水はもっとも多く食べられている梨となっています。

梨 幸水 時期 産地 値段

産地ごとの収穫時期

幸水は収穫時期が短いため、産地を変えながら、8月上旬から9月上旬まで収穫が続きます。

ハウスものは、7月上旬から出荷がはじまります。露地物は、千葉県と茨城県の海沿いの県が8月上旬に、福島県と栃木県の内陸県が8月下旬から9月上旬に収穫の最盛期を迎えます。

幸水の値段

幸水は1キログラム当たり600円前後です。実の重さがおおむね300g前後なので、1玉200円~くらいとみておくとよいでしょう。日常の買い物にとっても求めやすい値段となっています。

スポンサードリンク

まとめ

幸水は8月上旬から9月上旬までと、夏の暑い時期に収穫される品種です。千葉県などの生産量が多い県が主力品種としているため、多く生産されます。梨は夏バテ防止にも効果的な果物です。おいしく食べて夏を乗り切りましょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事