梨は犬が食べたらダメな果物でしょうか。たくさん食べると下痢や嘔吐の危険があるでしょうか。

梨はとてもおいしい果物なので、たくさんいただいたら、犬にも食べてほしいですね。犬に梨を与える前に気を付けておきたいことをまとめました。

犬が梨を食べても大丈夫?

人間が食べられる食べ物すべてを、犬が食べても大丈夫とは限りません。イチゴや玉ねぎのようにあまりおすすめできない果物や野菜があります。

では、梨は食べても大丈夫でしょうか。答えは「食べてもよい」です。ただし、梨はシャリシャリしている食感のとおり、食物繊維が多く、固い果物です。与え方によってはのどに詰まらせる可能性があるので、与え方には注意が必要です。そのような危険はないといえます。

梨にアレルギーを持つ犬がいます。梨によるアレルギーで嘔吐や下痢といった重い症状が出た場合は、すぐに病院に行きましょう。

犬 梨 ダメ 危険 下痢 嘔吐

犬に梨を与える時に気を付けること

犬に梨を与えることは、基本的に問題ありません。加熱せず、生のまま与えてください。

ただし、食べてはいけない部分があります。それは、種や未成熟な実。種や未成熟な実を犬に与えると中毒症状を起こします。最悪死に至る場合もあります。人間が食べられないものは、犬も食べません。

よって、犬に梨を与えるときには、人間が食べるときと同じように、皮をむいて、芯をとってあげましょう。大きく切ると窒息する危険があります。窒息してしまわないように小さく切ってあげましょう。また、糖分が多い果物なので虫歯には注意です。体を冷やす食べ物なので、下痢を起こさないように、あまり与えすぎないようにします。

おやつとして食べるのであれば、「一日のフード量の10%まで」をめどに。

梨によるアレルギーが心配な場合は、初めて与える時には少しずつ様子をみて与えましょう。

スポンサードリンク

まとめ

おいしい梨を犬にも食べさせたいですね。もちろん、梨を犬に与えて問題ありません。与える時には、人間が食べる時と同じように、皮をむいて芯や種を取り除いてください。そして、窒息しないように小さく切って与えましょう。未熟な実は与えないように。人間が食べられないものは犬も食べません。

梨にアレルギーを持つ犬もいます。梨に食べて嘔吐や下痢といった重いアレルギー症状が出たら、すぐに病院にいきましょう。

 

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事