水分たっぷりで、さっぱりとした甘みの梨は、残暑厳しい時期にたくさん食べたくなりますね。

でも、梨はたくさん食べても太らないのでしょうか。また、○○フルーツダイエットって、よくありますが、梨でも大丈夫なのでしょうか。

今回は、梨はダイエットに向いているのか、またダイエット方法など調べてみます。

梨はダイエットに向いている?

まず気になるカロリーですが、梨は約43kcal/100gです。

では、これは低いのか、高いのか?他のフルーツを見てみると・・・(全て100g中です)

パイナップル 約50kcal

バナナ 約85kcal

りんご 約54kcal

ぶどう 約60kcal

柿 約60kcal

となっており、梨は果物の中でも低カロリーな果物だと言えるでしょう。

では、梨の成分を見てみましょう。

カリウム  カリウムは、体内の余分な水分を排出させる水分代謝の効果があります。

水分のほかにも、塩分も排出してくれます。

ソルビトール  ソルビトールは糖の一種で、便をやわらかくする作用や、腸の動きを促す作用が

あるので、便秘薬の成分にもなるほどで、便秘に効果が期待できます。

果物の中でも梨はこのソルビトールを多く含んでいます。

リグナン  リグナンは食物繊維の一種で、これも便秘解消に効果があります。

ペントザン  ペントザンは、腸内環境を整えたり、脂肪を分解したりする作用があります。

梨 ダイエット

ダイエット方法について

では、どのような食べ方をすればよいでしょうか。

まず、梨にはビタミン類があまり含まれていません。ですから、食事は、炭水化物を減らして、良質なたんぱく質と豊富なビタミンを摂ることを心がけて、食後のデザートに梨を頂くようにしましょう。

梨だけの食事は健康を害する恐れがありますので、気を付けましょう。

そして、梨に含まれる果糖は、血糖値を上げる要因になりますので、夜間遅くに食べることは避けましょう。

スポンサードリンク

まとめ

カロリーや成分を見て分かるように、水分代謝でむくみ解消、や便秘解消で美肌効果など、梨はダイエットや美容にも期待が持てそうですね。食べ方や食べる時間などに注意をして、効果的に梨を食事にとりいれましょう。

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事