イチジクは皮を剥くから洗わなくても大丈夫ですか?

やっぱり優しく、さっと洗った方がいいです。

イチジクの洗い方

イチジクの皮は繊細で傷が付きやすいです。傷が付くと傷みやすくせっかくのイチジクの高い栄養価も台無しになります。どうやって洗ったらよいのか気になる人も多いと思います。

イチジクは弱い水流で優しく、軸の方から丁寧に上洗って下さい。特別な洗い方をする必要はありませんが、柿や梨、リンゴのように洗ってはいけません。それらの皮は強く、少々乱暴に扱っても大丈夫ですが、それらと同じ洗い方をすると繊細な皮が傷ついたりめくれてしまったりします。弱い水流の水道水で丁寧に洗って下さいね。

イチジクを美味しく食べるには

イチジクには整腸作用、女性ホルモンを整える作用、抗酸化作用等の人間に必要な栄養素が沢山含まれています。冷蔵庫で冷やしてそのままかぶりついて食べるのも美味しいですがアレンジすると尚一層の健康増進効果が期待出来ます。ではそのアレンジレシピを考えて見ましょう。

イチジク 食べ方 洗う 美味しい

皮は湯剥きの要領で剥くと楽です。

適度に切って他の果物や野菜(ニンジン等のビタミンが多い野菜)と共にサラダにして、ゴマドレッシングをかけると一層の美肌効果を促せます。

湯剥きにした果実に砂糖を加えて煮ればイチジクの持つ成分でとろみがつき

簡単にジャムを作る事が出来ます。

ビタミンC豊富な他の果物と一緒にコンポートにすればケーキやムース、タルトも美味しそうですよね。

また、ドライフルーツにするのもお薦めです。ヨーグルトに入れればお腹の調子も整えることが出来ます。但し、すぐに下痢をする人は少量にして下さいね。

スポンサードリンク

まとめ

以上のようにイチジクの皮には整腸作用があるので、捨てずにとっておいて

煎じて飲めば、手作りの漢方薬にもなります。

またあんまり手に入らないと思いますがイチジクの葉も漢方薬として使用できるそうです。

イチジクは実に栄養価の高い果実だという事が解ると思います。

ポイントは丁寧に扱うこと、痛み易いので早く食べる、もし残ってしまったら

その人のアイデア、工夫で冷蔵や冷凍にして日持ちを長くする。アイデアしだいでイチジクの栄養効果は益々高まることでしょう。

イチジクのレシピは無限大、上手に利用して天然由来の健康を手に入れて欲しいと願っています。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事