イチジクには様々な栄養素がありますが、相性が良く一層の効果が出る果物は何でしょうか?今すぐにでも役立つ情報がありました。

 

イチジクに含まれる栄養素について

イチジクには整腸作用や女性の体調を整える女性ホルモンに似た植物性エストロゲンが含まれており、血液の流れを良くし、高血圧等を抑制する等の働きの他、まだ研究中ではありますが抗がん作用もあると嬉しい報告もありました。

そんな力強い味方のイチジクと合わせて更に効果を期待出来る果物次の通りです。

ザクロ、柿、ぶどう

秋になると美味しい柿やぶどうには美肌効果、動脈硬化の予防などの脳や血管の病気を予防に役立ちます。特にぶどうにはアントシアニンが多く含まれており、悪玉コレステロールの増加を抑え、血液の流れを良くします。デラウェア等の赤ぶどうにはレスベラトロールが含まれ、抗がん作用もあります。

グレープフルーツ

ビタミンCが豊富で果肉一つ分で一日の必要量をほぼ補えます。ビタミンCは風邪予防に良いのは周知の事実ですし、クエン酸は疲労回復にも役に立ちます。

ナリンギンは脂肪の分解促進し、高脂血症にも効果がありますが高血圧症の治療薬を飲んでいる人には要注意です。副作用の恐れがあります。

これらの抗酸化作用はがん予防にも繋がります。

イチジク 相性 果物

リンゴ、バナナ

ヨーグルトと合わせることにより、整腸作用がありお通じを良くします。

少量でも満腹感のある果物です。

白ゴマ、ハチミツ、梨

白ゴマは小さいのに栄養価に大変優れています。白ゴマに含まれているゴマリグナンは肝臓で脂肪を燃焼させる働きがあります。

セサミンは良く聞きますが、リノール酸やリノレン酸を含みアルツハイマー型認知症や動脈硬化防止、血管の病気予防効果、活性酸素撃退の効果があります。

練りごまだと一層の効果が期待出来ます。

スポンサードリンク

まとめ

以上のようにイチジクと合わせるのは美肌効果や血管の流れを良くする等の働きがある果物とイチジクに足りないビタミンCを多く含む果物が多い事が解りました。

イチジクとこれらの果物を合わせたら色んな料理に活用出来ると思います。

タルトやケーキ、ゴマとイチジクを合わせてプリンなどもいいかもしれません。

色んな果物がありますが、グレープフルーツは持病によっては絶対に食べてはいけませんので大変な注意が必要です。果物で健康促進すればサプリメントが必要では無くなるでしょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事