いちじくの味の表現について

イチジクの味を表現するのって難しく表現に困ってしまいます。

プチプチする優しい、くどくない甘さと私なら表現します。

プチプチとした食感と甘さ、果肉の柔らかさがイチジクの特徴です。

【イチジクの特徴って何ですか?】

無花果であるイチジクは外には花は咲きません。では、花はどこにあるのでしょうか?

実は赤いツブツブの部分が花です。

私達は白い部分だけではなく、真ん中の赤い花の部分を食べて甘くてジューシーで美味しいと言っています。イチジクは美味しいだけではなく、整腸作用、女性の特有の嫌な症状を和らげ予防する効果、日焼け防止だけではなく高血圧にも効果があります。

まだ研究中ではありますが抗がん作用もあるそうです。研究中のデータではガン細胞を麻痺させる作用があるそうです。すぐにでも食べたくなってしまいますが、注意点もあります。

次にイチジクアレルギーについて述べます。

イチジク 味 表現 特徴

【イチジクアレルギーについて】

とても栄養効果が期待されるイチジクなのですが、そのタンパク質分解酵素により、多用すると指の指紋が摂れる、舌や口唇が痺れるなどのアレルギーを発症する場合があります。

イチジクを食べた際にピリピリしたような記憶のある方は注意が必要です。

特に花粉症のアレルゲンの構造は他の果実のアレルゲンとも似ているそうです。

美味しくイチジクを食べて病気になったら悲しいですよね。

こんな症状が現れたらすぐに病院で診断してもらって下さい。アレルギー検査を受けて

おけば安心出来ますし大事にならずに済みます。

スポンサードリンク

まとめ

イチジクの味の特徴はプチプチした食感の柔らかい甘さだと言えます。

その独特な食感や味を生かしケーキやコンポート、ジャム等にも利用されますし、洗って皮を剥いて適度に切ってラップに包んで保存容器や保存袋にいれて冷凍すれば長く持ちます。

色んな食べ方にチャレンジ出来る幅広さを持った味が特徴です。

但し、花粉症などのアレルギーをお持ちの方にはアレルゲンの構造が、イチジクのアレルゲンと似ているからイチジクは薦められません。アレルギーの無い方は上手く保存して調理に利用すれば料理のレパートリーも広がりますし、栄養効果も期待出来ます。

 

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事