イチジクには栄養効果抜群の成分が一杯含まれています

利用方法について考えます。果物の美味しい食べ方についてまとめて見ました。

果物はダイエットにも使えます

ダイエットの為に果物を食べる事を控える人も多いと思いますが、食べ過ぎると糖分を取り過ぎますが、イチジクには美容成分も沢山入っていますので適量に上手く食べれば美容に良い事が解ります。

ダイエットや健康増進の為にサプリメントを飲む人も多いですが、医者に聞いた所、意外とサプリメントには糖分を含んでいるので避けた方が良いとの事です。

効果を期待するあまり量が増えて糖尿病寸前までいってしまった例もあります。

 切り方についての注意

果物はまず皮を剥くことから始まります。丁寧に剥いた後は好きなように切ればいいです。

リンゴや梨、柿などはくし形に切ってから皮を剥けばケガを防げます。イチジクなら包丁を使わずとも上の方から簡単に剥く事が出来ますね。

但し汁には指紋を消す作用がありますので、汁を触り過ぎないようにビニ―ル手袋等を使うと良いです。

そのまま生でパクッと食べるのも美味しいですが、アレンジも楽しいです。

果物のミックス缶を利用してゼリーを作るのも手軽でお薦めです。そのまま作るとシロップが甘すぎますので薄めて市販のゼラチンを溶かしてから投入したらいいですね。容器は手間がかからないようにたまには空き缶を使って缶詰で簡単スイーツもいいですよ。

果物 イチジク 食べ方

イチジクの効能を生かした食べ方はありますか

イチジクはそのまま食べても充分に栄養があります。整腸作用や女性の更年期障害の緩和、ホルモンバランスの乱れの改善、高血圧等の血管の病気の予防などの効果があるのですが少々ビタミンCが少ないように思います。

その栄養価を高めるためにはビタミンCが多い果物と合わせて食べると良いです。

果物たっぷり入れたゼリーやタルト、保存延長を考えて砂糖を加えて煮たコンポートもお薦め出来ます。

スポンサードリンク

まとめ

以上のようにイチジクを初めとした果物の食べ方を考えて見ました。他の食材同様に

色んな食べ方があります。そのまま食べるのが一番その果実を味わえるとは思いますが、

組み合わせることによって思わぬ美味しさに出会えますし、栄養価向上も期待出来ます。

家族や自分の健康管理は大切です。楽しみながら調理して、家族と自分ももっと健康になりましょう。

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事