旬のいちじくをたくさんいただいて、すぐに食べきれないときには冷凍保存をしましょう。冷凍できるの?と思うかもしれませんが、傷みやすいいちじくにとっては最良の保存方法です。

ジャム作りに必要なペクチンなどの成分も、冷凍で失われることはありません。

解凍後はフレッシュないちじくと同様の調理法でおいしくいただけます。

くっつかないように冷凍するのがポイント

いちじくの冷凍方法はいくつかありますが、ポイントは一つです。それぞれがくっつかないように冷凍することです。

例えば、よく洗って水気を拭いたいちじくを密閉袋にまとめていれて冷凍した場合、いちじく同士がくっついて凍りますね。いざ使おうと思ったときに、それでは不便です。

使いたい分だけ解凍できるように、一つずつ冷凍しましょう。

皮のまま食べられる品種や完熟したいちじくは、皮つきのまま冷凍しましょう。

よく洗って水気を拭いたら、バットなどにくっつかないように並べて冷凍します。しっかりと凍ったら、密閉袋などに移し替えて保存すれば場所をとりませんね。

皮をむいてからの冷凍もできます。皮をむいた後、一つずつをラップで包んで冷凍すれば、使うときにも便利です。ほかに、縦にカットしてから冷凍することも可能です。この場合も、くっつかないように冷凍するのがポイントです。

いちじく 冷凍 解凍 方法

そのまま食べるなら半解凍で食べるのがポイント

おいしく食べるならシャーベット状の半解凍で食べるのがポイントです。

いちじくの解凍はとても早く、すぐに解凍できるのですが、完全に解凍するとどうしても水っぽくなります。

半解凍がオススメです。まとめて解凍するのではなく、食べる分だけ解凍しましょう。甘露煮やジャムなど、煮込むのであれば凍ったまま調理をしてもかまいません。

スポンサードリンク

まとめ

冷凍をすることで、旬以外の時期も楽しめるのが嬉しいですね。ポイントをおさえた冷凍・解凍方法で、いちじくをおいしく味わいましょう。

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事