不老長寿」の果物といえば、いちじく。栄養たっぷりで古くから親しまれています。江戸時代には薬用として用いられていたこともあり、効能も素晴らしいものがあります。最近では、いちじくの果汁から抽出された「ベストアルデヒド」が、ガン抑制に効果的であるといわれています。

いちじくのペクチンで便秘解消

多くの女性の悩みの一つに便秘があります。2013年の調査によれば、7割近くの女性が便秘の改善を望んでいるといいます。

いちじくには、ペクチンなどの食物繊維が多く含まれているので、便秘の改善に効果が期待できます。

100g中1.9gと果物としては含有量が多いので、少量でも効果を発揮します。

ペクチンは水溶性食物繊維なので、便を柔らかくしてスムーズな排便を促します。水溶性食物繊維が足りていないといわれている女性には、積極的に食べてほしい果物ですね。

いちじくのアルブチンで美白効果

美白効果といえばビタミンCですね。いちじくにはビタミンCをはじめ、多くのビタミン類が含まれています。

それだけではありません、アルブチンという厚生労働省からも認められた美白成分が、いちじくには含まれているのです。

シミの原因はメラニンです。アルブチンは、そのメラニンの生成を抑制する働きがあり、現在、多くの美白化粧品に使われています。

いちじく 栄養 効果 効能 カロリー

【カリウムでむくみ防止】

いちじくは、カリウムも多く含む果物です。カリウムはミネラルの一種で、私たちにとって欠かすことのできないものです。

むくみを解消する効果があり、デスクワークなどで同じ姿勢でいることが多い人は、積極的に摂取したい成分ですね。

カリウムが、ナトリウムを体外に排出することによって、むくみが解消します。ほかにもカリウムには、血圧を下げる効果があるといわれています。

【いちじくのカロリーはドライのほうが高い】

体によい栄養がたくさんのいちじくですが、カロリーも気になりますね。気にせず食べ過ぎて後悔する前に、覚えておきましょう。

生のいちじくで、約100gがおよそ54kcalです。ドライのいちじくでは、100gで約290kcalになります。

ドライのいちじくは食べやすく、ついつい食べ過ぎてしまうのですが、カロリーはとても高いので、注意しましょう。

スポンサードリンク

まとめ

いちじくの栄養はとても多く、驚きです。とくに女性には嬉しい成分がたくさんで、効果も期待できるものばかりです。実感するためにも、毎日の食事に取り入れたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事