家庭菜園の楽しみは、やはり収穫するときが一番です。大切にお世話をして、たくさん収穫できたときの喜びは、なんともいえないものがありますよね。

イチジクでも収穫量の多い品種がいくつかありますが、中でも「カドタ」の収穫量は抜群です。ここでは、その「カドタ」の特徴をまとめてみました。

【小ぶりがカワイイ「カドタ」】

「カドタ」は、なんとなく日本的な名前ですが、原産国はイタリアです。誰もが「小さくてカワイイ!」と表現するほど、小ぶりな大きさが特徴的です。形は丸く、重さは約30gといいます。コロンとした愛らしい印象ですね。

皮の色は、赤くならず黄緑色のままの白イチジクです。皮は薄くやわらかいので、皮ごと食べることができますよ。

【なめらかな食感の「カドタ」】

味よし、香りよし、で有名な「カドタ」。小ぶりな外観からは想像できないほど、甘くておいしいのが自慢です。舌ざわりもよく、ジャムをそのまま食べているようだともいわれています。

イチジクは、あのツブツブ感が苦手で・・・という人にも、「カドタ」ならオススメできます。薄く切った「カドタ」を、そのままパンにのせて食べてみるのはいかがでしょうか。生として食べる以外にも、缶詰として加工されたり、ドライフルーツとして使用されたりしています。

イチジク カドタ 特徴

【収穫量におどろく「カドタ」】

「カドタ」は夏秋兼用品種で、収穫期は8月~10月です。耐寒性・耐暑性ともに強く半日陰でも育つといわれています。

日当たりが悪いと味がおちてしまうようですので、できれば日当たりのよい場所で育てたいですね。

生育の勢いも強く、収穫量の多さも特徴の一つです。

完熟を収穫するのが、家庭菜園の醍醐味ですが、「カドタ」は傷みやすいため日持ちがしません。収穫後は、できるだけ早めに食べましょう。

スポンサードリンク

【まとめ】

「カドタ」は、たくさん収穫したい人にオススメのイチジクです。鉢植えでの管理も可能ですので、ベランダなどでも気軽に栽培できます。コンパクトに剪定して、収穫を楽しみましょう。

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事