食欲の秋。甘くてみずみずしい梨も食欲をそそられる果物ですね。しかし、梨を食べた時に舌がピリピリした感覚や、喉がイガイガした経験をされた方もいるのではないでしょうか。もしかしたらそれは、梨のアレルギーかもしれません。

今回は、梨のアレルギーについてご紹介しましょう。

梨のアレルギーの症状

梨のアレルギーの症状には喉がイガイガしたり、ヒリヒリするような痛みを感じたり、舌がピリピリしたり、腫れたりする症状があるなど、口腔内に現れる症状が多いと言われています。

梨のアレルギーが重度な場合は、じんましんや吐き気などを起こす場合もありますので少しでも症状を感じたら控えるようにしましょう。

梨のアレルギーの原因

梨のアレルギーの原因は、梨に含まれるアレルゲンと呼ばれるタンパク質が自分に合わないことで起こります。自分に合わないタンパク質を摂ることで体の中で抗体を作り、そのタンパク質を攻撃します。そうすると、体がアレルギー症状として出ると言われています。

花粉症の方は要注意

梨には、花粉と似たアレルゲンを持つ性質がありますので、花粉症の方が梨を食べると花粉と間違えてアレルギーを起こす可能性がありますので、気を付けましょう。

また、花粉症の種類によっては別の果物でも、アレルギー症状を起こす可能性がありますので、様子をみながら少量ずつ食べてみるのがおすすめです。

梨 アレルギー 喉 舌

赤ちゃんにも注意

赤ちゃんに梨をあげる場合にも注意が必要です。特に1歳を過ぎてから、生の梨を初めてあげる場合には少量から始めてみましょう。

1歳を過ぎるまでは、梨を加熱してからあげると良いと言われていますが、梨を加熱することでアレルギーが抑えられる効果があるので、アレルギーが心配な大人にも加熱して食べてみることから始めることもおすすめです。

スポンサードリンク

まとめ

梨のアレルギーは、口腔内のアレルギーが多いと言われていますが、稀にアナフィラキシーを起こすなど重篤なアレルギーを引き起こす可能性もあります。梨アレルギーかなと感じたら早めに医療機関を受診し、医師に相談しましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事