梨で下痢をしてしまう幼児への与え方や母乳を与えている時の食べ方

甘さと食感が人気の夏から秋にかけて代表的な果物といえば梨。しかし、幼児が梨を食べると下痢を起こしたり、大人でも胃腸が弱っていると下痢を起こしたりします。また、母乳を与えている時にどんな風に梨を食べれば問題ないのかご存知ですか?

梨に多く含まれるのはソルビトール

梨は果物の中でも、ソルビトールを多く含んでいます。この成分は、便をやわらかくしたり蠕動運動を促進したりする働きを持っています。甘さと食感が魅力の梨は、水分補給にも役立つために夏から初秋はたくさん食べてしまいがちになりますね。しかし、このソルビトールが含まれているために、一度にたくさん食べ過ぎをしてしまうと下痢を起こしてしまうことがあり得るので注意が必要です。

水分は90%も占める梨

梨は全体の90%が水分ですので、一度にたくさんの量を食べるとソルビトールの作用もあるために、下痢になる可能性があります。特に、胃腸が弱い人や成長が未発達の幼児はその可能性も高くなってしまうので、適量を心がけるのが賢明だと言えます。

梨 幼児母乳 下痢

梨を幼児への与える時の注意点

ですから、梨を幼児与える時には、適量を意識してむいてあげるようにしましょう。また、食物繊維も豊富に含まれているので、お腹がゴロゴロとなってしまうこともありますので、あまりに度々そういった感じになる場合には、与えないで様子見をすることも賢明です。

ただし、梨は加熱をして与えるとそのリスクを減らせるようになるので、どうしても欲しがる場合にはその方法もあります。

母乳を与えている時の梨の食べ方

そして、母乳を与えている時の梨の食べ方も、アレルギーがある場合を除いては、適量を食べるのがおすすめです。あまりたくさん食べすぎると、大人の場合でも下痢を起こすことがあるからです。

母乳をしっかりと出せるためにも、梨の水分でクールダウンしすぎても悪い場合もあります。もちろん、一定量であれば問題なく食べることができますが、冷え性がある方の場合には、加熱をして食べるのが無難でありおすすめです。

スポンサードリンク

まとめ

ついつい手が進んでしまう甘さとみずみずしさがある梨。しかし、幼児への与え方や母乳を与えている時の食べ方は、頭に置いておくのが賢明だと言えるでしょう。梨に含まれるソルビトールは食べ過ぎることで下痢を起こしてしまう可能性もあることを知っておけば適量を心がけられますね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事