風邪や扁桃腺炎で喉が痛い時には梨がお薦めです。

梨の成分

梨には水分がたっぷり含まれており、梨のほとんどは水分です。

喉が痛い原因の一つはウイルスにのどが負けて腫れてしまうのです。

喉が痛い時にショウガが良いと聞きますが、梨も喉の痛みを軽減する働きがあります。

梨に含まれているソルビトールは糖アルコールで甘く冷涼感があり、喉の痛みを軽減したり咳止めの効果もあると言われています。

梨にはビタミンがあまり含まれていないので、それらを補う野菜や果物を合わせてジュースにするのが良いですね。

ニンジンやトマトなどの緑黄色野菜を加えて下さい。

喉 痛い梨

お薦めなのはハチミツ

一歳未満の赤ちゃんにはハチミツは禁忌ですので上げないで下さい、梨だけでは無く、ハチミツにも喉の痛みを和らげる作用があります。

幼児から年配者にもお薦め出来るのが、適度に切った梨にハチミツをかけてレンジにかけたり焼いたりする方法です。

コンポートもハチミツをかければ直ぐに簡単に出来ます。

簡単に出来ますし、何より、梨が持っている寒の部分も加熱して無くせば下痢をすることもありません。

胃腸の弱い人には生で食べるより加熱した梨を食べる方法が有効であり安心です。

スポンサードリンク

まとめ

喉の痛みは辛いもので唾液を飲み込むだけでも痛いです。

喉だけでは無く、リンパ節まで腫れ、耳も痛くなってしまうことがあります。

日頃から喉が痛い、扁桃腺が腫れるなどの症状がある方には梨のハチミツがけがお薦め出来ます。梨にもハチミツにも解熱に良く、痛みを和らげる作用がありました。

喉が痛くなったら重症になる前に、すりおろして汁を絞ってジュースにして少しショウガとハチミツを入れて飲めば痛みも和らぐでしょう。

日頃から梨を常備すればいいのですがオフシーズンの事も考えてコンポートにして冷凍しておくのも良いでしょう。

健康の為に美味しい梨を是非召し上がって下さいね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事