定番の梨のコンポートの賞味期限は何ヶ月でしょうか?

調べて見ました。

梨のコンポートの作り方

梨のコンポートは簡単に作れます。

皮を剥くのは手でもいいし、ピーラーを使ってもいいです。

皮を剥いたら好きな形にカットします。

無難なくし形でもいいし、サイコロ形でもいいですね。

切ったら耐熱ガラスでも、耐熱の容器でもいいので並べ、適量の水と砂糖かハチミツ、若しくはケーキシロップを好きなだけいれてレンジで加熱します。

他の作り方としては同様な分量で圧力鍋で加圧します。

圧力鍋だと10分もかからないでしょう。

梨 コンポート 賞味期限 一ヶ月

保存方法

容器ごと冷まして冷蔵庫か冷凍庫で保存します。

冷凍する場合ジャムにした方が良いそうです。

日持ちは冷蔵庫で1週間位で早く食べたほうが良いそうです。

梨によってはコンポートにするよりも生のままの方がもつとの事です。

スポンサードリンク

まとめ

梨は追熟出来ないので、美味しそうな食べ頃の梨を選んで買って来ます。

その時点ですでに賞味期限は1週間未満でしょう。

少しでもみずみずしく美味しいうちに完食するか、保存食を作ります。

固く青々した梨なら味も薄いと思いますので、ハチミツやシロップでコンポートやジャムにして保存します。

ジャムの場合、きちんと密封して殺菌できるのなら1~2年は持つとの事ですが、保存容器の場合なら4~5日でしょう。

冷凍の場合もそれぐらいで食べ切った方が良さそうです。

1か月は持たないかも知れません。

多分自分で作ったコンポートは美味しいので直ぐに無くなりそうですね。

但し、生のままでの冷凍では一ヶ月位もつそうです。

ジャムにしろコンポートにしても、生産者並びに消費者が取れたての美味しい果物を新鮮なうちに長期保存したいとの思いから産まれたものです。

梨も結構なお値段がしますし、美味しい間に大事に食べたいものです。

生なら買って2~3日、コンポートやジャムでも出来るだけ早く食べる方が良さそうですね。

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事