甘みもあり柔らかく水分もたっぷりの梨は、赤ちゃんの離乳食に向いていると考えている方もいるでしょう。しかし、実際に与えられる時期やアレルギーの有無についてご存じですか?

梨は赤ちゃんに与えられるのは生後半年ぐらいから

梨は、概ね離乳食が始まる生後半年から与えても大丈夫とされています。しかし、梨は胃腸へのダメージがあることが赤ちゃんでは特に考えられるので、加熱をすることをおすすめします。

個人差がありますが、胃腸の発達、消化の具合を見てから生後1年過ぎてから生は与えるようにしましょう。

梨 アレルギー 赤ちゃん

アレルギーも考えられる梨

実際に、梨だけではなくどんな食品でもアレルギーが出る可能性は否定しれきません。

良くある牛乳や卵、そば、小麦粉などは知れ渡っているのですが、赤ちゃんは成長段階であり免疫力も弱いために、思いもしない食べ物でもアレルギーがあることも考えられます。

しかし、梨はその頻度としては低い部類になります。実際に、アレルギーを起こす可能性がある国の表示には掲載されていないからです。

アレルギーがあった時の症状は?

ただし、全くアレルギーが無いわけではありません。食べてすぐに、口の中や喉にかゆみが起こる場合もありますし、まれに、食べてしばらく経過してから、嘔吐、下痢が起こることもあります。

ですから、赤ちゃんの与えた場合には、口腔内、お腹の調子をしっかりと観察する必要があると考えておくようにしましょう。

非加熱で起こるケースが多い

たとえば、生のままで食べて口の中のかゆみがあっても、加熱したもの、缶詰、ジュースでは起こらないと言うケースもあります。

これは、アレルギーの原因になる物質を加熱することで、変化させるからです。

赤ちゃんの場合、梨でアレルギーがでれば、リンゴ、桃、バナナ、オレンジでも起こる可能性がありますので、注意をしておくようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

赤ちゃんがいる家庭では、離乳食として与える場合には、時期を注意したいものですね。さらに、梨でもアレルギーの頻度は低くても起こりうる可能性があるので、そのような場合には、加熱処理をすることでそのリスクを減らせるようになりますね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事