いちじくを食べて口が痒くなったりしたことってありませんか?それはもしかしたら、アレルギー症状かもしれないみたいですよ!

いちじくは美容や健康にいいけど、アレルギーを起こしやすい食べ物でもあるみたいですよ。

具体的にどんな症状が出るのか、その予防策は何か調べてみたので紹介していきたいと思います。

いちじくアレルギー症状!?下痢や腹痛、じんましんの症状

いちじくアレルギーは果物アレルギーの一種なんだそうです。

そして、植物アレルギーの一つでもあるようです。

実際に植物アレルギーが出るのは、口にしてから30分以内に症状が出るようです。

しかし、発症率は低く軽度のものしか出ないことから、気づかなかったりあまり気にしなかったりする人が多いようです。

発症率が低いとはいえ、死亡例もあげられているようなので次のような症状が出たら病院へ行ってくださいね!

いちじくアレルギー症状

腹痛や下痢

嘔吐

蕁麻疹が出る

口の周りや口の中が痒くなる

しびれが出る

これらが酷くなると、呼吸困難やアナフィラキシーショックが起こってしまうことも!

イチジク アレルギー 症状 下痢 腹痛 じんましん

アレルギー症状が出ない為の予防策とは?

いちじくアレルギーを出さない為にも予防する方法は

いちじく食べるのを避ける

いちじくに触らない

(アレルギーが無い人でも、いちじくから出る果汁を素手で触っただけでかぶれたりすることもあるみたいです。)

いちじくを使用している薬品や化粧品など使わないようにする

(買う前にしっかり成分確認してください。)

また、花粉症の人やラテックスアレルギー(天然ゴムのアレルギー)を持っている人は、いちじくを食べた時に発症してしまう恐れがあるみたいなので、念のために注意しといた方がいいようです。

スポンサードリンク

まとめ

いちじくアレルギー症状は下痢や腹痛に蕁麻疹などたくさんの症状があることが分かりました。

また、それらの症状が軽度の場合気にしない人が多いみたいで、そのまま放置してしまうみたいですね。

しかし、放置してしまったことで死亡してしまう恐れもあるみたいなで、怖いですよね。なので、放置せずに少しでも症状が出たら病院に行くのが良いですね。

予防策としてはともかくいちじくに関するものには一切触れない!食べない!を徹底的にするしかないようです。

アレルギー症状が出ないことが一番ですが、少しでも異変感じたらいちじくを口にしないようにしたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事