いちじくは美容や健康にも良く美味しい果物ですね。

しかもドライフルーツにすると、ついつい食べ過ぎてしまうんですよね。

けれど、たくさん食べてお腹痛くなったりしてしまうことってありませんか?

私は何度か経験したことあります。

でも、いちじく食べただけでお腹痛くなるのって何でなのか気になりますよね。

そこで、食べ過ぎたら駄目な理由と症状について調べたので紹介していきたいと思います!

 食べ過ぎは駄目!下痢や腹痛、嘔吐に胃痛の原因に!?

いちじくは健康や美容にとてもいい果物なんですが、食べ過ぎは駄目みたいです。

その理由として、いちじくにある栄養素があげられてくるみたいですね。

いちじくの栄養には、便秘予防にも最適である水溶性食物繊維が豊富に含まれているんです。それに、他にもミネラルやカリウムなどもとても豊富に含まれているみたいですよ!

イチジク 食べ過ぎ 下痢 腹痛 嘔吐 胃痛

いちじくに含まれている水溶性食物繊維は適度な数を食べれば便秘予防になるのに対し、食べ過ぎてしまうとお腹が緩くなり下痢の原因になってしまうみたいですよ。

また、いちじくの灰汁に含まれているベストアルデヒドという成分に抗がん作用があるのですが、それがとても強くしかも、完熟していない未熟のいちじくは特に強い為、食べ過ぎてしまったり未熟のいちじくを間違って食べてしまうと、胃などが強く刺激されて胃痛や腹痛嘔吐の原因になってしまうようです。

いちじくを食べる時の1日の量は多くても生の場合は3個、ドライフルーツは5個までにするといいみたいです。

また、ドライフルーツに関しては栄養も高くなるけど、カロリーもかなり高くなるので食べ過ぎには注意が必要ですね。

スポンサードリンク

まとめ

いちじくは食べ過ぎてしまうと、含まれている栄養が理由で腹痛や下痢、嘔吐に胃痛と引き起こしてしまうことが分かりまた。

どんなに美容や健康に良くて美味しいからと言って、食べ過ぎてしまうのは駄目みたいですね。なので、食べる時は生の場合1日3個まで、ドライは1日5個までを目安に食べると良さそうですね。

しかし、その人の体質によっても食べられる量は変わってくると思うので、様子見ながら食べてるといいかもしれないですね。

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事