いちじくは真っ赤な色をした果物というイメージがありますよね。

実は、いちじくには白いいちじくと黒いいちじくがあるみたいなんですよ!

私も赤以外にあるのを初めて知りました!

そこで白いいちじくと黒いいちじくの違いとは何か調べてみたので書いていきたいと思います!

白いちじくと黒いちじくの違いとは?

白いちじくは、本当に見た目が真っ白なんだそうです。

それに、乾燥させてドライいちじくとして食べられていることが多いみたいですよ。

白いちじくには水溶性食物繊維が他のいちじくと比べて、とても豊富であり栄養も高いそうです。なので、便秘に悩んでいつ人や腸を整えたい人には効果が期待できるみたいです。

また、その他にも鉄分やミネラルもとても豊富みたいなので、健康志向の人にはおススメのいちじくなんだそうです。

黒いちじくは正式にはビオレ・ソリエスというみたいです。

いちじく 白 黒 違い

そして、特徴としては黒いちじくと言われているだけあって、本当に真っ黒でしかも、糖度が他のいちじくに比べてとても高く、美味しいと有名のいちじくでもあるみたいですよ。

他には桃のような甘い香りがするみたいですよ!

それに黒いちじくは日本での環境では栽培が難しく希少価値が高いみたいです。ちなみに、黒いちじくは西洋ではとても主流な果物なんだとか。

また、黒いちじくの黒い果皮にはようで、抗酸化作用や脂肪燃焼の助け、血行の改善などにとてもいいみたいです。

なので、健康や美容に気を遣っている人にはおススメのいちじくになるみたいです。

黒いちじくを食べる人はジャムにしたり、生でサラダに和えたりして食べることが多いみたいです。

スポンサードリンク

まとめ

白いちじくと黒いちじくの違いは、果皮の色が違うのもそうなんですが、それぞれに含まれている栄養の高さが違うことが分かりました。

まさか、黒いちじくの果皮にはポリフェノールがたくさん含まれているのには驚きました。

けれど、ポリフェノールには血行改善する他にも血圧高い人にもいいと聞くので、黒いちじくは本当に健康に気を遣っている人にはとても良いかもしれないですね。

それに白いちじくには水溶性食物繊維が豊富ということで、便秘解消するためには嬉しいかもしれないですね。

それぞれ、自分が効果を得たいものによって白いちじくと黒いちじくを食べ分けると良いかもしれないですね。

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事