いちじくって見た目など違うものが置いてあったりしますよね。

そんないちじくの品種は、何種類あるのか知っていますか?

実際に私はいちじくの品種について全く知りませんでした。

そこで、いちじくの品種って何種類あり、その違いとは何か気になってしまったので調べてみました!

いちじくの品種は何種類?

実はいちじくの品種は200種類以上もあるそうなんですよ!

ちなみに、日本にあるいちじくは約8割は「桝井ドーフィン」という品種なんだそうです。

また、大きく分けて夏果専用品種・秋果専用品種・夏秋果専用品種の3つになるようです。

夏果専用品種

ドーフィン

ヌアール.ド.カロン

バローネ(ロングドユート)など

秋果専用品種

蓬莱柿(早生日本種とも)

セレストなど

夏秋果専用品種

ザ.キングなど

その違いとは?

イチジク 品種 違い

大きく分けて3つの品種があると先ほど紹介しましたが、その違いについて調べたので紹介したいと思います。

果実が大きいもの…大きいものは300gにもなるみたいです!

ビオレドーフィン

コナドリア

バローネなど

収穫量が多いもの…栽培方法によって異なることもあるみたいです。

蓬莱柿

バローネ

アーチベルなど

甘みが強いもの

バローネ

ザ.キング

アーチベルなど

裂果しないもの

ゼブラスイート

アーティナ

セレストなど

日持ちが良いもの

蓬莱柿

セレスト

ゼブラスイート

寒さに強いもの

セレスト

蓬莱柿

ビオレ.ソリエスなど

あとは、夏に出来るいちじくなのか秋に出来るいちじくなのかでも違いはあるようですよ!

スポンサードリンク

まとめ

いちじくの品種は200以上もあるのには驚きました。

また、日本で良く見るいちじくは蓬莱柿という品種ということも分かりました。

ちなみに、蓬莱柿は昔中国から伝わってきたいちじくみたいですよ!

それに、夏果と秋果専用の品種に分かれているのも初めて知りました。

また違いについても果実の大きさや日持ちの良さなどがあり、ほとんどに当てはまる品種もいくつかあるみたいですね。

ぜひ、いちじくについて興味のある方は品種など詳しく調べてみるといいかもしれないですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事