いちじくを保存するのに、ドライフルーツにしたりジャムやシロップ煮などコンポートにして保存することが多いようですね。

だけど、出来るなら生のいちじくも食べたいですよね。

でも、いちじくの保存の仕方って何が一番いいのか分からないですよね。

そこで、いちじくの保存の仕方が一番何かいいのか常温・冷凍・冷蔵に分けて調べてみたので、紹介していきますね。

いちじくの保存 常温編

いちじくの常温保存は基本ダメみたいです。

理由はいちじくは日持ちが他のフルーツに比べてしなく、しかも追熟するの早いみたいなんです。

しかし、完熟していない未熟のいちじくは完熟するまで常温で追熟させるのはいいみたいですよ。

いちじくの保存 冷蔵編

いちじくを少しでも長く保存したい場合は、冷蔵がいいみたいですよ。

冷蔵すると、いちじくの追熟も止まり日持ちするようになるんだそうです。

日持ちする期間は、3~4日くらいで状態が良ければ1週間も持つことも!

冷蔵保存の仕方は

乾燥を防ぐためにポリ袋などに入れて、複数まとめて入れる場合は重ならないようにして保存するといいそうです。

食べ方は

皮をむいてから食べやすい大きさに切って、お好みでヨーグルトなどに入れたりして食べるといいみたいです。(食べやすい大きさに切ってから皮をむいても大丈夫です)

いちじく 保存 常温 冷凍 冷蔵

いちじくの保存 冷凍編

冷蔵よりももっと長期保存したい!という方は、冷凍保存がいいみたいですよ!

なんと、冷凍で保存すると1~2か月も持つみたいなんです。

冷凍保存の仕方は

イチジクの皮をむいて食べやすい大きさに切ります(食べる時に手間が省けるのでいいですよ)そしたら、フリーザーパックに入れて冷凍保存するといいそうです。

食べ方は

解凍して食べると形が崩れて食べればいので、凍ったままシャーベット状で食べるといいみたいです。

スポンサードリンク

まとめ

いちじくの保存の仕方を常温・冷蔵・冷凍と分けて紹介しましたが、常温の保存は追熟も早く日持ちもしないので、買ってきたら冷蔵保存するのがいいみたいですね。

また、冷蔵保存は状態が良ければ1週間も持つみたいですね。

けれど、冷凍保存が一番長持ちすることが分かりました。

スーパーなどで買ってきたら、常温保存しないですぐに冷蔵庫で保存するようにした方がよさそうですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事