冷蔵庫に保存していたなしをいざ食べようと取り出してみると表面がぶよぶよになっていたなんてこともたまにありますよね。

中は大丈夫かもしれないと半分に包丁で切ってみると芯腐れを起こしてしていることもありますがやっぱりこれって傷んでいて食べれないのでしょうか?

そんな疑問についてです。

梨の賞味期間は?

梨の賞味期間は結構見た目で判断できる部分もあります。

鮮度が良い物を購入すれば冷蔵保存で1週間ぐらいは日持ちします。

保存する時には一つ一つを新聞紙かラップに包んで、ヘタの部分を下にして、冷蔵庫の野菜室で保存すると良いでしょう。

もっと日持ちさせたい場合は、梨の皮を剥き、レモン汁を入れてミキサーにかけてピューレ状態にして冷凍庫で保存すると良いです。

食べるときはシャーベットのようになっていて、レモン汁のおかげで酸化も防げるのでとてもおいしく食べられます。

この方法であれば1ヶ月~2ヶ月は日持ちします。

切った梨の賞味期間1~2日程度しか持ちませんので、その日中に食べてしまうと新鮮でおいしく味落ちがない状態で食べることができます。

梨 ぶよぶよ 芯腐れ 傷み 食べれる

梨の傷み具合の判断

基本的な傷み具合は異臭がしないかや見た目が腐っていないかなどの状況から、栄養素的な部分の低下や旨味の低下が考えられたとしても食べることは可能なことが多いようです。

少しだけ果肉が柔らかくなってきている梨や、剥いた時に中身の一部分だけ茶色に変色している程度であれば食べることは可能です。

変色した部分は取り除いたり、皮を少しだけ厚めに剥くといいです。

しかし、そういった場合は早めに食べてしまうほうが良いでしょう。

食べられない状況はカビが生えていたり、異臭がしたときです。

果肉が柔らかくなってしまいブヨブヨで変色しているときは、腐れている証拠ですので処分しましょう。

スポンサードリンク

まとめ

梨のピューレを解凍したものにお肉を漬け込んでおくと、食物酵素の作用でお肉を柔らかくしてくれるとのことです。そのまま食べてもおいしい梨は、料理でも活用できる万能な果物なんですね。体にも良い効果がたくさんなので、食後のデザートでも食べたい一品です。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事