瑞々しくて甘さと食感が魅力の梨は、りんごとは違って夏から秋までの一定の期間に出回るので、旬の時期にこそ食べたくなるものですね。しかし、梨にはどんな栄養、効能があるのかご存知ですか?食べ過ぎることで下痢になってしまうのかも気になりますね。

梨に多く含まれるソルビトール

果物の中でも梨に多く含まれているのがソルビトールです。これは、便をやわらかくしたり、腸の蠕動運動を促したりする働きがあります。

そのため、甘さや瑞々しさで喉越しも良いため、食べ過ぎてしまうと下痢を起こしてしまう可能性もあります。

梨に含まれている水分はかなり多い

また、それだけではなく、梨は全体の90%が水分でできています。そのため、夏場の水分補給にも役立ちますし、エネルギーの回復をするためにも効果的です。

一方、水分が多い特長があるので、それだけ食べ過ぎてしまうとソルビトールも多く含まれているため、お腹が緩くなったりするということもあります。

梨 下痢 水 ソルビトール

様々な効能がある栄養素も含まれている梨

また、梨には水分による利尿効果ではなく、それに加えて、アスパラギン酸が含まれているため、利尿効果が強くなります。新陳代謝の促進や疲労回復も目指すことができます。

さらに、梨には食物繊維も豊富に含まれているため、普段から便秘になりやすい方の対策や大腸がんの予防に効果があると言われています。

それから、むくみの解消や塩分を排泄する効果があるのがカリウムです。

心臓の動きや筋肉の機能を調整する働きもある重要な栄養素です。カリウムが低下してしまうと筋力が低下することだけではなく、腸閉そく症を発症することもあります。

その他、プロテアーゼというタンパク質分解酵素が含まれています。そのため肉や魚をやわらかくすることができるようになるので、結果的に消化を良くする働きとして効能があります。

スポンサードリンク

まとめ

みずみずしくて甘さもありついつい食べ過ぎてしまうこともあるのが梨。確かに水分が90%あるので、水分補給にも役立ちますね。しかし、梨にはソルビトールという成分も含まれているので、一度にたくさん食べすぎるのは控えておいたほうが賢明だといえますね。一方、頑固な便秘で悩んでいる方には、解消に適していると言えるでしょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事