秋になるとおいしい梨の季節がやってきますよね。

普段、何気なく食べているそんな梨ですが食べ合わせが悪いものってあるのでしょうか?

その疑問について調べてみました。

食べ合わせはなぜ大切なの?

食べたものが消化されないと胸焼けや体内にガスが溜まったり、胃酸の逆流などの深い症状がおきてしまいます。

全ては消化が悪くなってしまうことに理由があります。

食品が消化されないということはグチャグチャの状態で体内を通過していくので体にそれだけ負担がかかります。

ですので食べ合わせはとても大切なのです。

梨と食べ合わせが良くない食べ物は?

果物類である梨とでんぷん質のものは一緒に食べると組み合わせが悪いとのことです。

梨などの果物は比較的、簡単に消化器系を通過する食べ物なのですが、デンプンは体内で分解されるまでに長い工程が必要となる食べ物なので咀嚼がかなり必要になるからです。

デザートとして食後に梨などの果物を食べるとでんぷんと一緒に胃にとどまってしまい、胃の中で腐敗されてしまう現象が起きてしまいます。

梨は食後よりも、食前30分前~1時間前までに食べることが良いようです。

梨 食べ合わせ 悪い

でんぷん質が多い食べ物とは?

梨と愛称が良くないでんぷん質の食材には何があるのでしょうか。まず、炭水化物であるご飯、パン、うどん、蕎麦、パスタ類などの主食系はでんぷんが豊富に含まれています。

サツマイモやジャガイモやサトイモなどのイモ類もでんぷんは多いです。そもそも炭水化物というのは食物繊維と糖質が合体したものなので、実は野菜でも見た目からはわかりにくいでんぷん質なものはたくさんあります。

主に糖類が高いものとして、かぼちゃ、玉ねぎ、トマト、なすび、ブロッコリー、アスパラガス、カリフラワー、にんじん、たけのこ、キャベツなどは梨との食べ合わせには要注意となります。

梨などの果物と野菜の組み合わせは基本的に食べ合わせが悪いと考えられます。

スポンサードリンク

まとめ

梨は単独で食べるに越したことがない食べ物ということがわかりました。食後のデザートではなく朝食のメインという取り入れかたが体には良いみたいですよ。

 

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事