秋になるとスーパーの果物コーナーで色とりどりに並びおいしそうな香りだけでも楽しませてくれる梨ですが、果たして一つあたりの値段はどのぐらいなのでしょうか?

その実体について調べてみました。

梨は大きさで価格が違う!

梨は大粒であれば大粒であるほど値段が高くなります。

大きさは2L~6L程度に分類されるようです。

スーパーに並ぶ梨はだいたい2L~4L程度の大きさのものが一般的です。

L以上の梨はあまり市場に出回らないので、大きいサイズを食べたいときには直売所に買いに行くとお目にかかれます。

1個あたりの平均価格は?

梨もグラム計算で取引されている果物なので、店頭に並ぶ価格はかなり変動があります。

当たり前ですが、あまり収穫されていない時期には高く、収穫シーズンの8月下旬~9月末の時期には安くなる傾向にあります。

2L~3Lぐらいの大きさの梨で、1個あたり156円~250円が相場といえます。

それより大きいサイズになれば1個あたり平均300円ぐらいのものなどもあります。1kgあたり、500円~800円程度が相場です。

とは言っても、たまにスーパーで小振りではあるけれど98円などで売られている時もあります。

梨 値段 相場 一個 スーパー

安い時にたくさん買った梨の活用法!

たくさん買ったり頂いたりして一度に消化できない梨は、すりおろすかミキサーにかけて密閉袋に入れて冷凍保存するととても良いです。

冷凍で1ヶ月~2ヶ月程度は日持ちします。

解凍したすりおろした梨にお肉を漬け込んでおいて料理すると、お肉が柔らかくなって旨味が増します。

またレモン汁を入れて冷凍しておくと変色を防げるので、そのままシャーベットのようにして食べてもおいしいので子供のおやつにはとても役立ちます。

風邪などひいた時に食欲がない時には解凍させてジュースのようにすると飲みやすいし、梨には解熱効果があるので大変効果的です。

疲労回復効果もバツグンなので朝起きて体がだるい時には目覚めの梨ジュースは健康にも良いですよ。

スポンサードリンク

まとめ

季節によって価格変動がある梨ですが、やっぱり旬の秋に食べると最高ですね。地域によっては梨狩りなどのイベントを行っている農園などもありますので、大粒の梨に出会えるし家族でのお出かけスポットでも楽しめます。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事