離乳食は大切な赤ちゃんのために、バランス良く色々と食べさせてあげたいですよね。

秋に旬のなしは赤ちゃんにいつ頃から与えていいものでしょうか?

その時期や方法についてです。

離乳食にこんなに良い効果の梨

梨にはアスパラギンという成分が含まれていて夏バテや疲労回復に効果的なのです。

またソルビトールという成分は赤ちゃんが熱を出したときなどには解熱効果として働いてくれます。

大人でもツライ便秘は赤ちゃんにとってもとてもつらい症状ですが、消化酵素のプロテアーゼという成分が便秘予防をしてくれるのですすんで食べさせてあげたい食材です。

いつから梨は食べさせていいの?

梨は特に強い反応を起こすような成分が入っていないので、5~6ヶ月ぐらいの離乳食初期から食べさせてもなんの問題もありません。

離乳食後期は特に消化・吸収なども発達していますので良い効果もたくさんの梨は積極的に与えてほしい食材です。

果肉が柔らかくて甘みもあるので好き嫌いなく食べてくれることが多いです。

ただ、梨はバラ科に属する果物なのでアレルギー反応が見られることも度々ありますので、初めて食べさせる時には少量で様子を見つつ食べさせてあげることが大切です。

また、体を冷やしたり消化もあまりいいほうではないので、食べさせすぎには注意しましょう。

離乳食 梨 8ヶ月 10ヶ月

離乳食後期には梨のサンドパンはおすすめ!

離乳食後期になってくると赤ちゃんは何かを自分で持って食べるのが楽しくて仕方がない時期に入ります。

その食べることが楽しいと思う行為はとても良いことなので、汚れないような梨のパンサンドはおすすめです。

サンドイッチ用のパン1枚を用意しておきます。梨の皮を剥いたもの8分の1個程度をお水をひたひたに入れて、お鍋で煮込みます。

そこに用意しておいたサンドイッチ用のパンに出来た梨のソースを塗り、海苔巻きのようにクルクルと巻いてラップで包みます。形が落ち着いたら三等分に切ってお皿に並べてあげるとよく食べてくれますので是非お試し下さい。

スポンサードリンク

まとめ

赤ちゃんにも梨は食べさせても良いアイテムだったんですね。お熱が出た時には特に体を冷やしてくれて解熱作用があるのですすんで食べさせてあげたいです。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事