咳止めや痰が絡む時に効果があると言われているパイナップル。

しかし、パイナップルの成分でどのような成分が含まれていて、このような効果が期待できるかご存知でしょうか?

パイナップルに含まれるブロメラインとは

ブロメラインというのがパイナップルに含まれている酵素で、たんぱく質を分解する働きを持っています。

パイナップルを食べ過ぎてしまった時など、舌や口がピリピリとしたり痛みを感じたり、してしまったことが少なからずあるのではないでしょうか。

実はこれがブロメラインによる影響です。

ですから、この酵素によって痛みや炎症を軽減する効果がありますので、咳止めや痰が絡む時にパイナップルを食べると良いというのは根拠がはっきりとあります。

なぜならば、医薬品でも気管支炎の治療に使われているからです。確かに、パイナップルを食べると喉越しがよく甘酸っぱさが喉に浸透するという感じがありますね。

しかし、体感だけではなく、作用によって喉の炎症や痛みが緩和されるようになるので、咳が出づらくなりますし、痰が絡むのも抑えられるようになります。

ブロメラインを効果的に摂るには

しかし、このブロメラインを効率よく摂るためには、生のパイナップルがおすすめです。

なぜならば60度以上で加熱されると、この酵素が活性しなくなるからです。

そのため、缶詰や濃縮還元のジュースでは、摂ることができなくなります。

缶詰だと手軽ですぐに食べられるというメリットはあるのですが、酵素を摂る目的には残念ながらおすすめできません。

ですから、咳や痰に対して早く軽減したいと思う時には、多少手間はかかるのですが生のパイナップルを食べるようにする必要があります。

パイナップル 咳 痰 効果

生のパイナップルでストレートジュースもおすすめ

ですから、咳や痰を鎮めたいときに生のパイナップルでストレートジュースにするのもおすすめです。

パイナップルの甘酸っぱさが喉に浸透するという喉越しの良さもありますし、さらに、ブロメラインの効果が得られるので、早く何とかしたいつらい症状を緩和することが目指せます。

ジュースにすれば飲みやすいというメリットもありますね。

スポンサードリンク

まとめ

咳や痰に対して有効な酵素が含まれているパイナップル。そのような症状に悩まされている時には、効率よく成分を摂るのには生が適しているということを知っておけば、より役立つような食べ方ができるようになりますね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事