パイナップルアレルギーで身体に現れる症状が沢山ある事はご存知でしたか。

どのような症状が起こるのか、また対処法について調べてみました。

吐き気や胃痛の症状とは

パイナップルを食べると、胃腸などの消化器にアレルギー反応として、炎症が起こる場合もあります。

摂取後、30分ほどで激しい腹痛や吐き気、下痢などの強いアレルギー症状が現れる事があります。

気分が悪い状態が長時間続く場合もあるので、症状がひどい場合には、必ずかかりつけの医者やアレルギー科での検診を受けるようにする事が大切です。

また、消化酵素を含むパイナップルを生で食べると、時には胃痛が起こる事もあります。

胃痛が起きてしまったら、まずは粘膜を保護する対処をすることが必要です。

粘膜保護成分の配合された胃薬や、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を摂取すると症状を和らげる事が出来ます。

湿疹の症状とは

症状が重症化すると身体に湿疹が現れる事があります。

皮膚が反応して赤く盛り上がってしまいます。

皮膚の赤い盛り上がりは、直径数ミリのものから、広範囲に広がるものまであり、ほとんどの場合は数分から数時間で消えますが、時間をおいてからまた現れる事もあるようです。

パイナップル アレルギー 吐き気 胃痛 湿疹

パイナップルアレルギーの対処法とは

パイナップルアレルギーは現代の医療では症状を薬などで暖和する対処療法しかないようです。

パイナップルを食べるのを避ける以外に有効な手立てはないようです。

食べ続けると症状が悪化するだけでなく、他のアレルギーを誘発してしまうこともあるので、パイナップルやそれを使った食品は避け、症状の悪化を食い止める事が大切です。

もしも食べてしまうような事があれば、かかりつけの医者に相談するようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

自分がパイナップルアレルギーかよく分からない場合には、皮膚テストや血液検査を受けるようにしましょう。また、実際にパイナップルを食べて症状を観察する食物負荷テストというものもあります。睡眠不足や疲れ、ストレスや生理などで体調が優れない時も、アレルギー症状は現れやすくなるので、早めに病院でテストを受け、アレルギーの対処ができるようにしたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事