スーパーで一年中手に入るキウイ。

ビタミンCも豊富なので、美容のために毎朝食べている、なんて人もいるかもしれませんね。

ですが、キウイを朝食べると日焼けの原因になってしまう、というはなしがあるのです。

美容のために食べていた人にとってはショックな話ですよね。

ここではキウイを朝食べると日焼けをするのかについてご紹介します。

キウイは朝食べると日焼けする?

キウイ 朝 日焼け

キウイはビタミンCが豊富で、美容や風邪の予防にとても良い果物です。

さらに、食物繊維も豊富なので、食べる方も多いのではないかと思います。

ですがこのキウイ、食べる時間を間違えると日焼けしやすくなってしまうそうなんです。

美容のためにキウイを食べていたと思ったら、逆効果になっている可能性があります。

キウイを食べる時間には注意が必要なようです。

キウイを食べてはいけない時間は?

キウイを食べない方がよい時間は、です。

キウイにはソラレンと呼ばれる、紫外線を体内に吸収してしまう光毒性を持つ成分が入っているそうです。

このソラレンは、摂取後2時間ほどで全身にいきわたり、摂取後7~8時間の間紫外線吸収を活性化させてしまうようです。

特に気をつけたいのは、果汁が顔にかかってしまうことです。

果汁の付いた手で顔などを触るのも避けましょう。

果汁が皮膚についてしまうと、ソラレンの影響が食べた時よりも大きくなってしまうそうです。

いつキウイを食べればいいの?

ではキウイをいつ食べればいいのでしょうか?

一番いいのは紫外線に当たることが少なくなる夜やおやつの時間に食べるといいようです。

キウイには美白効果の期待できるビタミンCなどが多く含まれています。

美白を意識するならば、朝ではなく夜食べた方が効果が得られそうですね。

キウイ以外にソラレンを含む果物はあるの?

キウイ以外にも、レモン・オレンジ・グレープフルーツなどの柑橘類、アセロラ、イチジク、キュウリ、パセリ、大葉などがあげられます。

オレンジやグレープフルーツも朝食べていた方が多いのではないでしょうか?

これらもビタミン豊富なので、できれば食べたいものですが、食べる時間は夜にしておいた方が良さそうですね。

スポンサードリンク

朝食べると紫外線対策になる食べ物ってあるの?

逆に、朝食べることで紫外線対策になる食べ物もあるそうです。

イチゴやブルーベリーなどのベリー類、トマト、バナナ、スイカ、ブドウ、さつまいも、抹茶、小豆、カカオ、アーモンドなどには紫外線対策となる効果が期待できるそうです。

特に、スイカとさつまいも、カカオはかなり優秀なようで、天然の日焼け止めとして注目されているそうです。

まとめ

キウイにはソラレンと呼ばれる光毒性を持つ成分が入っているため、朝食べてしまうとしみや日焼けの原因になってしまうこともあるようです。

食べる場合は夜やおやつの時間など、あまり紫外線を浴びない時間帯に食べるようにしましょう。

どうしても朝果物を食べたい場合は、紫外線対策に効果の期待できる、スイカやバナナ、イチゴなどを食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事

スポンサードリンク