パイナップルには女性に嬉しい美容成分がたくさん含まれています。

今回はそんなパイナップルの栄養素と効果効能について調べてみました。

パイナップルの栄養素

パイナップルの主な効果的な栄養素は、食物繊維、カリウム、ビタミンB1、ビタミンC、カルシウムです。

その他に、タンパク質や、炭水化物、ビタミンA、ナイアシンなどが含まれています。

パイナップルの効能

パイナップルに多く含まれる食物繊維は、整腸作用があり、便秘の予防に効果的です。

またカリウムが多く含まれているので、高血圧の予防に役立ちます。

ビタミンB1は新陳代謝を活発にし、疲労回復に役立ちます。

ビタミンCは体内の有害物質を解毒します。さらにはシミやシワに効果的で美白・美肌など美容効果があります。

カルシウムは子供の成長を助けるとともに、強くて丈夫な骨を作り、骨粗鬆症予防に有効です。

パイナップルは甘い割に低カロリーですので、ダイエットにも効果的です。

代表的な栄養素の他にもブロメリンというタンパク質分解酵素が含まれていて、肉類を食べたあとにデザートとして食べるとお肉を柔らかくし、消化を助けます。

酢豚にパイナップルが入っているのもその効果があるからだと言われています。

パイナップル 栄養 成分 肌 美容

パイナップルの注意点

パイナップルには整腸作用があり、便秘に効果的ということは前述で述べましたが、摂取量が多すぎると下痢などの副作用があります。

胃痛や腹痛などの恐れもありますので、食べ過ぎには十分注意しましょう。

大人の1日の推奨摂取量は150gとくらいと言われています。

それ以上は食べないように気をつけましょう。また、タンパク質分解酵素であるブロメリンという成分の影響で、食べると口の中が痛くなったり、口の周りがヒリヒリしたりすることがあります。

ブロメリンは熱に弱いので、60度以上で加熱すると効果が失われます。熱処理してあるジュースや缶詰などでは大丈夫な場合があります。

スポンサードリンク

まとめ

パイナップルには女性に嬉しい効能がたくさん含まれていますね。食べ過ぎに気をつけて、健康や美容に役立てましょう。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事