咳止めの効果があると言われているパイナップル。

風邪をひいて咳を鎮めたい時に、パイナップルを食べたりジュースを飲んだりすれば、のどごしも良さそうですが、どんな作用で効果があるのか、また、濃縮還元のジュースでもその効果が得られるのかご存知でしょうか?

ブロメラインという酵素が持っている作用

パイナップルに含まれている成分には、たんぱく質を分解する働きを持っている酵素でブロメラインがあります。

食べたときに、舌がピリピリとしてしまう経験もあるでしょうが、この酵素による影響です。

この酵素は、痛みや炎症を軽減する作用を持っています。

そのため、パイナップルを食べると喉の炎症や痛みが緩和されるようになるので咳が出づらくなります。

その作用は、医薬品でも認めているのでブロメラインが気管支炎などの炎症に効果がある薬に含まれています。

ブロメラインは加熱されると活性しない

しかし、パイナップルに含まれている咳止めの効果があるブロメラインですが、60度以上加熱されると活性しなくなるという性質を持っています。

そのため、咳止めの目的でパイナップルを食べたいと思う時には生のまま食べるのが効果的です。

また、濃縮還元のジュースも加熱処理されているので選ぶのであればストレートタイプを選ぶようにしましょう。

身近で手頃な値段であるパイナップルの缶詰も便利に扱えるのですが、加熱処理をされているので効果を得ることは残念ながらできません。

咳 止まらない パイナップル 濃縮還元

咳止めには生のパイナップルがおすすめ

咳が続いてしまうのは本当につらいものです。

早く何とかしてあげたいと思う時には、やはりパイナップルは生がおすすめです。

生のままカットしたものやジュースにするためにミキサーにかけたものなら、しっかりとブロメラインの効果が期待出来ます。

皮が硬いので、扱いに手間がかかるというイメージがあるでしょうが、実はそれほど扱いづらくなくコツを抑えれば切りやすくなっていますので、咳を緩和するためにも作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

何とかしたい咳を早く鎮めたい時に、このように役立つ酵素が含まれているパイナップルならのどごしも甘くてつらい思いをしている人でも、食べやすいですね。しかし、濃縮還元のジュースでは手軽に購入出来ますが作用がなくなるので、生のパイナップルを積極的に摂りたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事