パイナップルを1本買って食べきれずに余ってしまう事もありますよね。

その時はどういう風に保存していますか。

冷凍や冷蔵、常温保存でのそれぞれの保存期間と注意点について調べてみました。

パイナップルの冷凍保存

パイナップルは冷凍保存すれば1~2ヶ月程度保存可能です。

保存方法については、まず、パイナップルの頭の葉の部分を切り落とし、半分に切ってから下の部分を切り落とします。

皮と身の間に包丁を入れて皮を剥き、皮の部分にある茶色いぽつぽつしたものもきちんと取りましょう。

次に、真ん中の硬い芯の部分をとり、パイナップルをひと口大にして冷凍します。

冷凍したパイナップルを真空パックや密閉容器に入れ並べて保存します。

皮を剥いたあとの茶色くなっている個所は渋みを感じるところなので、しっかりと取る事が注意点です。

パイナップルの冷蔵保存

パイナップルの冷蔵保存は、出来れば野菜室で行うようにします。

冷蔵保存では1週間ほどは保存が可能です。

保存方法については、パイナップルの葉を逆さまにして置いておくと尻部分の甘いエキスが下にきて甘さが全体にまんべんなく伝わるといわれています。

1本丸ごとのパイナップルは4~5日保存可能です。

また、切ったものを保存する場合には、食べやすい1口サイズにカットし、ラップでぴったりと包んで冷蔵庫に入れます。

冷蔵の場合は2~3日保存が可能です。パイナップルは買ってきた状態により、保存方法と賞味期限が大きく差が出るのできちんとその状態にあった方法で保存する事が大切です。

パイナップル 保存 冷凍 冷蔵 常温 期間

パイナップルの常温保存

パイナップルは外皮を向いていないものならば、常温で2日ほどは日持ちします。

パイナップルは売り場に並んでいる時点ですでに熟していまので、購入後は出来るだけ早く食べる事がオススメです。

買ってからは追熟しない食べ物なので、美味しいうちに食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

パイナップルは購入後すぐに食べる事をおススメします。甘いパイナップル、美味しく食べれるようにそれぞれの状態に合った方法で保存するようにしましょうね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事