パイナップルが体に良いと聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。

しかし、一方で食べ過ぎると体を冷やすという事も聞いた事があると思います。

実際にパイナップルを食べると体は冷えるのか、また、パイナップルについても調べてみました。

パイナップルの効能とは

南国のフルーツ、パイナップルにはビタミンAとビタミンCが多く含まれています。

ビタミンAには皮膚の新陳代謝を促進する効果がある事から、美肌効果があると言われています。

また、発がん抑制効果によって、がん予防にも効果があるようです。

ビタミンCにも美白効果が期待できます。

また、抗酸化作用が強く、過酸化脂質の生成を抑えるので、アンチエイジングにも効果があると言われています。

よって、パイナップルは美肌効果バツグンのフルーツである事が分かります。

また、パイナップルには食物繊維も含まれているので、お通じにも最適です。

パイナップルの酵素

パイナップルには酵素の成分も沢山含まれています。

酵素には新陳代謝や基礎代謝をあげる効果があります。

よって、夏バテ防止や疲労回復効果が期待出来ます。

ただし、酵素は熱に弱いため、60℃以上で加熱すると効果は弱まってしまいます。

パイナップル 体 冷やす

パイナップルは身体を冷やす

南国で採れるフルーツは体を冷やす効果が高く、食べ過ぎると冷え性になる可能性が高くなります。

しかし、フルーツには種類によって他の食品ではなかなかとることが難しい栄養が豊富に含まれています。

また、南国フルーツはカリウムが豊富なので、ナトリウムの摂り過ぎでむくみが気になるときに体から余分な水分を排出するデトックスの手助けをしてくれます。

冷えが気になる人は少量から食べて様子を見てみるのもいいですね。

それでも気になるという人は、食べる時に一緒に白湯や温かいノンカフェインのハーブティーや麦茶などを飲む事をおススメします。

体の中から温まり、ポカポカ効果バツグンです。

フルーツも冷蔵庫から出したての冷たいものではなく、常温に戻してから食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

パイナップルには体にいい成分が沢山あります。しかし食べ過ぎてしまうと体を冷やしてしまいます。摂取量に気を付けながら、美味しく食べて、美肌を手に入れたいですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事