人にはもともと持っている潜在消化酵素がありますが、食べ過ぎなどはもちろん脂肪分やタンパク質などの摂取量が多いと人が持つ消化酵素には限界が訪れます。

消化酵素の無駄遣いは、代謝を落として痩せにくい体質を作ってしまう事をご存知でしたか?

消化酵素について

人の口の中に出る唾液には、アミラーゼ、マルターゼ、リパーゼと言う消化酵素が含まれています。

また人間の胃や膵臓、十二指腸、小腸、などの臓器にも消化酵素が含まれており、この働きにより食べた食物に含まれている栄養分を体内に吸収できるまでに分解してくれます。

しかし、食べ過ぎや脂肪分、タンパク質、加工食品などの摂りすぎなどで人がもともと持っている消化酵素に限界をきたしてしまい痩せにくい体質をつくるとされています。

その為、消化酵素を多く含む果物や野菜などを外から摂取する事で食物の消化を助け潜在酵素の消費を抑える事が出来ます。

その分、免疫力の向上や細胞の新陳代謝の促進とデトックス効果が期待できると言う事です。

パイナップル 消化酵素 加熱

消化酵素の多い食物と加熱について

消化酵素を最も多く含む食べ物は果物と野菜があり、これらに含まれる酵素は食物酵素と言われ、果物の中ではパイナップルやパパイヤ、マンゴー、キウイフルーツがあげられ、野菜では、大根、キャベツ、カイワレなどに強い酵素が含まれていると言う事です。

特に生のパイナップルと肉を一緒に摂ることでパイナップルのタンパク質分解酵素、ブロメラインが肉のタンパク質を分解して軟らかくする為、消化吸収が良くなります。

しかし、食物酵素のほとんどは熱に弱く、45度~60度の加熱により破壊されてしまいます。

つまり、加熱処理されている缶詰のパイナップルには酵素は含まれていない為、消化酵素は働かないと言う事です。

食べる際は生のままか生のパイナップルを搾ったジュースが良いと言う事が分かります。

スポンサードリンク

まとめ

酵素は、もともと人間の体に潜在しているものであり、人の生命維持には無くてはならないものです。ストレスや加齢と共に少なくなる為、食物から上手に摂り入れて毎日を元気に過ごしたいものですね。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事