いちじくは昔から不老長寿の果物とも言われていて、今では美容や健康に関しても注目を浴びていますよね。それに、いちじくはドライフルーツになっているのをよく見かけますよね。

では、美容や健康に良いと言っても具体的にどんな栄養があって、しかもドライフルーツにして食べると良いことがあるのか知っていますか?

そこでいちじくの栄養とドライフルーツにすると良いことがあるのか気になり調べてみたので、書いていきたいと思います!

いちじくの栄養とは?

いちじくには栄養が豊富含まれているみたいです。

その栄養とは・・・

ペクチン-水溶性食物繊維が豊富。便秘予防に効果があるそうです(1日2~3個目安)

カリウム-余分なナトリウムを出す働きをしてくれるそうです。高血圧症の方や生活習慣病に悩む人に最適な栄養みたいですよ!

ミネラル-カルシウムや鉄分をバランスよく含んでいるみたいです。

フィシン-分解酵素が含まれていて、食後に食べると消化の助けになるみたいです。

ベストアルデビド-いちじくの果汁から出る物質のようで、抗がん作用があるみたいですよ!

これらの栄養は妊婦さんや美容を気にしている方におススメのものになるみたいですよ!

イチジク 栄養 比較 保存

生いちじくとドライフルーツで栄養を比較

実はいちじくは生で食べるよりもドライフルーツにして食べる方が栄養効果アップするようですよ!

例えば・・・

食物繊維…生100gで1.9gあるのに対しドライは10.9g

カルシウム…生100gで26㎎あるのに対しドライは130㎎

鉄分…生100gで0.3㎎あるのに対しドライは1.4㎎

カリウム…生100gで2㎎あるのに対しドライは9mg

どの栄養も生とドライを比較してみると、ドライの方が全部高いことが分かりました!

ただ、糖分やカロリー栄養素の高さにより生は1日3個まで、ドライは1日5個までにしておくといいみたいですよ。

それぞれの保存方法を紹介

生いちじくの保存の仕方

生いちじくは日持ちがしない為、常温での保存はしてはいけないみたいです!

なので、冷蔵庫で保存するのがいいみたいですよ。

保存する時は、皮をむいて食べやすい大きさに切ってから、乾燥しないようにポリ袋に入れるといいですよ。

また、いちじく同士が重ならないようにするのがポイントみたいです。

賞味期限はだいたい3~4日、状態が良ければ1週間も持つそうです!

ドライいちじくの保存の仕方

ドライいちじくは小分けにして、冷凍で保存するといいみたいです。

また、ドライいちじくは凍らしてもカチコチになることはないみたいですよ。

スポンサードリンク

まとめ

いちじくには食物繊維やミネラルなどの栄養が豊富に含まれていて、ドライいちじくにするとそれらの栄養はさらに高くなって効果もアップすることが分かりました。

また、保存する場合は常温での保存はダメ!冷蔵や冷凍で保存すると日持ちして良いみたいですね。

より栄養を摂りたい方はドライいちじくを食べるようにするといいみたいですね。

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事