秋に旬をむかえる食材は、果物から野菜、魚介類までいろいろな食材があります。
りんごと梨はどちらも秋が旬の果物ですが、見た目が似ているだけではなく違いなどがあるか調べてみました。

秋が旬の果物はたくさんある!
食欲の秋ともよばれる季節ですが、その名の通りいろいろな食材が旬をむかえます。
日本人の主食になるお米はこの時期が稲刈りの時期になり、食欲の秋に相応しい食材といえます。
野菜ではカボチャやさつまいも松茸や椎茸などのきのこ類も旬の時期です。
秋といっては欠かせないのが秋刀魚です。最近では漁獲量が減っていますが秋を代表する食材のひとつです。

果物は特に種類が多く、ぶどう、柿、いちじく、桃、栗やキウイ、りんご、梨などのたくさんの果物が
スーパーや八百屋などに並びます。
そのまま食べても美味しいですが、季節限定のスイーツやお菓子や飲み物なども販売されるので
そちらも楽しめます。

梨 りんご

梨とりんごの違い

りんごと梨は色などの違いはありますが、見た目は非常に似ています。
同じバラ科の植物で、リンゴ属とナシ族に分かれてはいますが親戚のようなものです。

どちらも同じ秋が旬の果物ですが、梨のほうがリンゴよりも若干早く旬の時期になります。
梨は早い種類であれば8月ぐらいから収穫が行われますがりんごは早くても9月あたりからが
収穫の時期になります。

栄養面での違いもあります。どちらも水分が多く含まれる果実ですが、食物繊維やビタミンCなどが豊富です。
リンゴにはポリフェノールが多く含まれており、カロリーも梨と比べると若干多くなっています。
梨は水分が多い分カロリーも少ないのですが、水分が多いので保存期間が短いというデメリットもあります。

りんごと梨はどっちが人気なのか

これは完全に好みの問題ですが、生で食べる場合は、りんごより梨のほうが好きという人が多い気がします。
ただし、りんごジュースやりんごをつかったスイーツなどリンゴ味のものは多いですが
梨味といった飲み物やスイーツは期間が限られているのかあまり見かけません。
期間限定で食べるなら梨ですが、一年を通して食べることができるリンゴも長い人気がありそうです。

スポンサードリンク

まとめ

秋には旬の食材がたくさんあるので何を食べるか迷う季節です。
梨とりんごは親戚のようなものですが、カロリーは梨のほうが少なかったりと違いはあります。
人気は梨のほうがあるようですが、年間を通して食べることができるリンゴも需要があります。

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事