セレストとキングの旬、またその味とドライフルーツにした場合について考えて見ました。

 セレストについて

セレストは秋果専用の品種です。収穫期は8中旬~9月中旬の早生種です。

良く実のなる豊産性で沢山収穫出来ますが、コンパクトに栽培可能です。プランタでも大丈夫かもしれません。

その皮の色は淡紫紅色で皮ごと食べても大丈夫だとの事です。

しかし万が一の事、指が痛くなることを考えてビニール手袋をはめて皮を剥いて、素手で食べないでフォ―クを使用されることをお薦めします。

いちじく セレスト キング ドライ 味

ザ・キングについて

ザ・キングは6月下旬~7月が下旬の夏果専用の品種です。果皮は黄緑色で果肉が赤で沢山入っています。

味は糖度18です。淡泊な味と感じる人もいるでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

セレストもザ・キングも味が淡泊な為、そのままや他の甘めの果実と合わせてジャムに利用されますし、ドライフルーツにされることが多いです。

ドライフルーツの作り方ですが簡単にレンジにかけて水分を飛ばす、天日に干すと簡単に作れます。オーブンレンジにかける方法もありますが、アルミホイルに包めばガスコンロにかけることだって出来ます。但し弱火にして下さい。

最近ではドライフルーツが良く販売されていますが、イチジクのものは少ないです。

イチジクそのものよりミックスで売られているものが目に付きます。

イチジクは自分で作るのもいいでしょう。ドライフルーツにすると水分が飛ぶ為、その栄養分が凝縮されて取り入れやすくなります。

イチジクには抗酸化作用や女性の悩みを軽減する、消化吸収をよくし、便秘を防ぐので血液の病気予防にもなりますし、「抗がん作用」も期待されています。

イチジクアレルギーの方は注意を要します。

ドライフルーツはシリアルと合わせて食べると栄養効果が高まるので、フルーツグラノーラが販売されるようになり、利用されています。ドライフルーツはちょっとの工夫で自分でも作れるので様々な利用方法が考えられます。

ヨーグルトと合わせる他、アイスクリームのトッピングにトーストの付け合わせのサラダにトッピングしても楽しいですね。

料理好きな人は夢中になってしまいそうです。美味しいドライフルーツ、ドライイチジクをもっと食べて健康になりましょう。

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事