喉が痛い、歯が痛くて梨を食べたいけど噛めない。

そんな時に重宝するのがすりおろす方法です。

そのまま食べても美味しいのですが、

すりおろした梨は調理にも使えます。その方法を

お伝えします。

梨の成分

梨には喉の痛みを和らげる作用や、熱を下げる作用もあります。

痰を取り除き喉の不快感を軽減します。

多い水分は熱で失われた水分を補うのでジュースにして飲むのがいいでしょう。

時にはハチミツをかけてシロップにするのがお薦めです。

小さいお子さんにも良いでしょう。

この梨は切ったり、すりおろしたりすると色々な料理が作れます。

調味料に混ぜて置くと消化酵素の働きで肉が柔らかくなります。

お肉や鶏肉などを漬け込む他、調理中にかける方法があります。

梨 すりおろし 喉

カレーにリンゴは良く聞きますがも合うんだそうです。

皮ごとすりおろせば皮の栄養も摂れます。

梨の皮を食べる人はあんまりいないのですが、20世紀梨はそのまま皮つきで食べる事が出来るそうです。

皮つきのままでのすりおろし梨は他の煮込み料理にも使えそうです。

ビーフシチューにハヤシソース酢豚も考えられます。

馴染みのある料理もほんの少し手を加えれば新しいメニューが出来ますね。

今は梨のトーストなるものが新たな味として紹介されていました。シナモンが合いそうですね。

スポンサードリンク

まとめ

梨は冷の性質がありますので、病気の時には温かくして食べると良い事、すりおろすと利用範囲が広がる事が解りました。

梨とショウガやはちみつを入れてスープにしたり温かいシロップにしてフレンチトースト、ホットケーキに掛けると美味しいですよね。

ネット上には個人個人のアイデア料理が溢れていて参考になります。

それらをそのまま作るのもいいです。

しかし、それらをちょっとアレンジして自分なりの個性のある料理を作るのも楽しいものです。

美味しい梨をフル利用して喉を労わりたいものです。

 

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事