梨を食べると喉がイガイガとかゆくなりますが、これはアレルギーなのでしょうか?

梨アレルギー

梨を食べた後に喉がイガイガする。

そのままうがいや飲料で症状が出ないようであれば心配はありません。

しかし、具合が悪い、喉や舌が痛い、腫れる、息が苦しいなどの症状があれば梨アレルギーを疑い、少しでも早く医師の診断を仰ぎ、検査を受けて頂きたいです。

口腔アレルギー症候群かも知れません。

梨 喉 イガイガ かゆい

アレルギ―に関しては病気ではない、ただの好き嫌いだとの偏見をお持ちの方もいらっしゃいますが、詳しく勉強してみるとアレルギーはガンなどの病気ではないかもしれませんが、アレルギー由来の病気は沢山存在します。

梨を食べて異常を感じたらまず病院に行って下さい、特に果物アレルギーを発症する方の中には花粉症をお持ちの方が沢山います。

花粉症は杉やヒノキの花粉にだけ注意するのではなく、果物を食べる時にも注意が必要になって来ます。

梨はバラ科の植物なのですが、梨にアレルギーが出ると他バラ科の植物である、ももやサクランボ、イチゴにも出る可能性があります。

シラカバの花粉症がある人はバラ科の植物だけではなくマタタビ科の植物であるキウイにも発症することがあります。

スポンサードリンク

まとめ

梨を食べて後で喉がイガイガかゆいのはアレルギーの可能性があることが解りました。

花粉症を発症されている方は、自分がどの樹木の花粉のアレルギーなのかを良く確認なさって下さい、それぞれの木に属する果実を知ることで、どの果物がアレルギーになる可能性がるのか分かります。

わかったらその果物は食べないで下さい。

そして果物アレルギーがある人はゴムアレルギーの場合もあります。

喉に異常があれば医者へ行き、診察並びに検査を受けて下さい。

喉がイガイガして、重症になるのは、その症状を軽く見ての放置です。

かゆみだけで収まらず、他に蕁麻疹が出る、口唇が腫れる程度の間に早く治療を受けて下さいますようにお願いします。

こういった以上がある場合、少しずつ食べたらいいなどの意見を見ますが危険です。

自己判断は避けて下さいね。

 

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事