いちじくって甘くて美味しいですよね。

けれど、スーパーで売っているものって完熟しているのか分からないですよね。

それに美味しいイチジクの見分け方も気になりますよね。

そこで、甘くて美味しいイチジクの食べごろと見分け方を調べてみたので紹介していきたいと思います!

いちじくの食べごろはいつ?

いちじくの食べごろは、おしりの部分が張り裂けそうで、ヘタの所まで赤褐色に染まっているものがいいみたいですよ!

ただ、おしりの部分が割れすぎているものや完熟していないものは胃を痛めてしまうことがあるので注意が必要みたいです。

時期的には8月~10月ごろが食べごろみたいですよ。

いちじくのおいしい見分け方とは?

いちじくの美味しい見分け方のコツとしては、全体的にふっくらと大きく果皮に張りと弾力があって香りがいいものを選ぶといいみたいです。

また、ヘタの切り口の部分に白い液が出ている時もあると思いますが、それは新鮮な証拠なんだそうです!

ただし、傷が付いているものは選ばない方がいいみたいですよ。

ただ、白い液を素手で触るとかぶれの原因になるので気を付けてくださいね。

イチジク 食べごろ 美味しい 見分け方

ちょっとした豆知識

いちじくは昔から不老長寿の果物として食べられていたみたいなんです。

しかも食物繊維とミネラルが豊富で、女性ホルモンの働きを整えてくれるみたいなんです。

スポンサードリンク

まとめ

いちじくの食べごろはおしりの部分が張り裂けそうになっていて、ヘタの所まで赤褐色に染まっているものがいいと分かりました。また、時期的には8月~10月くらいが食べごろみたいですね。

美味しい見分け方としては、ふっくらと大きくて果皮に張りと弾力があり、香りが良いものを選ぶといいみたいですね!

しかも、ヘタの切り口の部分に白い液が出ているものは新鮮な証拠!

しかし、傷が付いているものや未熟のものを選んでしまうと胃痛などの原因になってしまうので注意が必要ということなので、気を付けてくださいね。

この二つを基にスーパーなどで売られているイチジクを選ぶようにすると、甘くて美味しいイチジクが食べることが出来ますね。

なのでこれからは、甘くて新鮮なもので美味しいイチジクを選ぶようにするといいですね。

 

スポンサードリンク

今のあなたにおすすめの記事